ポール・マッカートニーの家

マーカーはポール・マッカートニーの家です。

ポール・マッカートニーの家
[ポール・マッカートニーは1942年6月18日、リヴァプール生まれ。父親の名前はジェームズ(ジム)。母親の名前はのちに「レット・イット・ビー」の歌詞のなかで「マザー・メアリー」として登場するメアリー。メアリーは看護婦で、ポールが生まれた病院の婦長をしていたこともあった。ジムは当時、綿花のセールスマンだったが、17歳のときに結成した「ジム・マックス・バンド」で活躍するピアニスト兼トランペッターでもあった。そのせいで家にはピアノがあり、休日にポールは父親の弾くピアノを楽しんだ。これがのちの自分の音楽的才能に多大な影響を与えたとポールは語っている。
リヴァプール・インスティテュート(現リバプール総合芸術大学)に在学するポールは成績も良好で、健全な学校生活を送っていた。父親にならってトランペットを始めるが、吹きながら歌を歌えないのが悩みだった。そこで、ギターに転向。しかし、最初はまったくうまくいかなかった。しばらくして、ポールは左利きの自分は右利きの人とは逆さまにギターを持たなければならないことに気づき、コツを飲み込むと、めきめき上達していった。ポールとギターの結びつきを決定的にしたのは、皮肉にも14歳のとき母親が癌で死亡したことで、ポールは気が滅入らないようにギターに没頭し続けた。「トイレに入っているときさえギターを持っていた」と弟のマイケルが語っている。
1957年7月6日、友人に誘われて観に行ったクオリーメンのライヴで、フロントでバンジョーのコードを弾きながら独自の替え歌を歌うジョン・レノンに興味を持つ。舞台裏でジョンに紹介され、「トゥエンティ・フライト・ロック」をギターの伴奏と歌はもちろん、歌詞も完璧に弾き語りしてみせ、ジョンを感服させる。その後、ジョンからの誘いでクオリーメンに加入する。オリジナル曲をすでに作っていたポールは、ジョンを誘い、共作で作曲活動に勤しんだ。レノン=マッカートニーの誕生である。ポールはクオリーメンを改善させるべく、以前からの友人だったジョージ・ハリスンをクオリーメンに加入させる。  (「プロフィール / THE BEATLES ::ザ・ビートルズ」より)]

[引っ越しが多かったマッカートニー家だったが、1955年に移ったこの家がポールの最も長く住んだ家となった。自分の家ではミミおばさんがうるさくてあまりギターの練習ができなかったジョンは、よくポールのこの家にやって来てはふたりでギターを弾いた。ジョンの家はアラートンのゴルフ場の反対側の近い場所にあった。お腹がすくと、ポールは得意料理?の目玉焼きを作ってジョンと食べた。この家もナショナル・トラストの管理下に。  (「大特集 ビートルズと英国 / リバプールを歩く|WEBマガジン e-days …」より)]

Paul McCartney Childhood Home – Google Map 画像リンク

カメラ北方向、垣根の家がポール・マッカートニーの家です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*