リンゴ・スターの生家

マーカーはリンゴ・スターの生家です。

リンゴ・スター
[リンゴ・スターことリチャード・スターキーは1940年7月7日にリヴァプールに生まれた。3歳の時に両親は離婚し母子家庭という環境で育ち「父との思い出と呼ばれるものは何もない」とリンゴは言う。 13歳のとき、母エルシーがハリー・グレイブスと再婚。他のメンバー同様に不良少年だったといわれているが、病弱であったために長い期間に渡って入院生活を送っていたという。 入退院を繰り返し、ほとんど学校にも行くことができなかった。ビートルズの歴史上、“A Hard Day’s Night”や“Eight Days A Week”、“Tomorrow Never Knows”など、リンゴの発言をタイトルにしたといわれるものは多々あるが、どれも文法的には正しくない。ジョンはリンゴのこうした言語感覚を讃えて“Ringo-ism(リンゴ語)”と呼び、「リンゴはときどき、ちょっと面白い言い間違いをするんだよ。文法間違いだとかいうようなのじゃない、ジョークっぽいやつ。これが結構いいネタになるのさ」という言葉を残している。
元々はビートルズのドラマーではなく、『ロリー・ストーム&ザ・ハリケーンズ』というバンドのドラマーを務めていて、ビートルズがレコードデビューする直前の1962年8月、当時ビートルズのドラマーだったピート・ベストと交代する形でグループに加入した。
若い時分から職を転々としていたそうだが、プロのドラマーになってからは安定した収入を得られるようになったそうである。リンゴはビートルズ加入前にビートルズの面々とハンブルク巡業時に顔見知りになったそうだが、ジョージ・ハリスンによると「出逢ったころのリンゴは僕らよりも収入が多くて、僕らよりも早く車を買って乗り回していた」そうである。
芸名の“リンゴ・スター”とは、ハリケーンズ時代にそれぞれが芸名を考えた時につけられたもの。指輪が好きで、複数はめていたので、“Rings(リングス)”と呼ばれていたことが元で付けられた。リンゴ曰く「Ringo Starkeyでいくつもりだったけれど、しっくりこなかったのでStarkeyを半分にしてrをもうひとつ付けた」。  (wikipedia・リンゴ・スターより)]

[英リバプール(Liverpool)にある元ビートルズ(The Beatles)のリンゴ・スター(Ringo Starr、71)の生家が、解体の危機を免れることとなった。グラント・シャップス(Grant Shapps)英住宅担当相が14日、明らかにした。
 リバプール当局は市の再開発計画の一環として2011年、ディングル(Dingle)地区の家屋の解体を計画。同地区マドリン・ストリート(Madryn Street)9番地にあるリンゴ・スターの生家も取り壊し対象となっていた。
 だが住民グループの陳情を受けてシャップス住宅担当相が介入。同地区の400軒あまりは解体対象となるが、リンゴ・スターの生家を含む約30軒は取り壊さずに改築されることが決まった。
 この日、マドリン・ストリート9番地前ではリンゴ・スター生家の取り壊し撤回を発表するシャップス住宅担当相と、再開発を進めたいリバプールのジョー・アンダーソン(Joe Anderson)市長がにらみ合い、これを再開発反対派と賛成派の住民が取り囲む形となった。こうした事態にシャップス住宅担当相は「ご覧のとおり、再開発をめぐり住民たちは対立している。私には住宅を取り壊すことが良い考えとは思えない」と語った。
 現在、リンゴ・スターの生家に人は住んでおらず、訪れたビートルズファンたちの落書きが残されている。2012年06月15日  (「リンゴ・スターの生家、解体の危機免れる 英リバプール 国際ニュース …」より)]

Ringo Starr Birthplace – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がリンゴ・スターの生家(マドリン・ストリートMadryn Street9番地)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*