マージーサイド海事博物館(国立関税博物館)

マーカーはマージーサイド海事博物館(国立関税博物館)です。

マージサイド海事博物館(Merseyside Maritime Museum)(国立関税博物館・Border Force National Museum)
[マージーサイド海事博物館(Merseyside Maritime Museum)は、イギリスリヴァプールにある港の歴史を展示した博物館。3階にある奴隷貿易の歴史を展示した国際奴隷博物館(The International Slavery Museum)は世界で唯一のもので、さまざまな国際イベントが開催されている。
リヴァプールのアルバート・ドックにある。ザ・ビートルズ・ストーリーから徒歩5分、反対側。
博物館の外には、テーブルはないが、ベンチがあります。晴れていれば、港やドックを眺めながらテイクアウトした食事を食べることができる。
開館時間 – 毎日10:00~17:00(事務所は16:30まで)。
入場料 – 無料。  (「マージーサイド海事博物館 – 旅ウィキ」より)]

[マージーサイド海事博物館は、リヴァプール航海にまつわる歴史とその産物、また商船などに関する博物館です。マージーサイド海事博物館は、マージー川の土手にあるアルバート・ドックの保税倉庫を改装して建てられたものです。博物館は1980年にオープン。この世界に誇る港の歴史と、その歴史を築いた人々にまつわる物語を皆に語りついでいます。博物館のコレクションは、欧米間での奴隷貿易の様子や移民とリヴァプールの関わりをはじめ、リヴァプールが世界への港としてどのように重大な貢献をしてきたかを映し出してくれます。マリタイム・アーカイブとライブラリーには商船についての記録などの展示があり、全英でも他に類を見ないほど立派なものです。  (「リバプール 港湾の魅力 マージーサイド海事博物館 」より)]

[国立関税博物館(The HM Customs & Excise National Museum)では、1700年から現在までの密輸や禁制品の輸出入の興味深い資料をご覧になれます。博物館では国の税関のコレクションを保有。世界でも他に類を見ない重要なコレクションとなっています。関税の仕事に関する道具、印刷物、関税の仕事に関する絵や写真もあります。そのほか、巧妙で時にはとても危険な密輸の世界、禁輸品、密輸の方法などもご紹介しています。人が関税を逃れるためにどれだけのことをしてきたかがよく分かる面白い博物館です。  (「リバプール 文化と史跡 国立関税博物館」より)]

Merseyside Maritime Museum – Google Map 画像リンク」「Border Force National Museum – Google Map 画像リンク」「International Slavery Museum – Google Map 画像リンク」「HMS Conway Anchor – Google Map 画像リンク

マージーサイド海事博物館前のカメラです。

マージーサイド海事博物館エントランスホールのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*