レディー・リーバー・アート・ギャラリー

マーカーはレディー・リーバー・アート・ギャラリーです。

レディー・リーバー・アート・ギャラリー(Lady Lever Art Gallery)
[レディ・リーヴァー美術館(Lady Lever Art Gallery)は、マージーサイドポート・サンライトにある美術館である。ナショナル・ミュージアム・リヴァプールに属している。
1922年に実業家のウィリアム・ヘスケス・リーバ卿(ユニリーバ創立者)のコレクションを元に開館した。
18世紀から19世紀の絵画や18世紀の家具、またウェッジウッドのコレクションで名高い。その他には中国の陶磁器タペストリー刺繍、ギリシャ・ローマ古典時代とラファエル前派の作品、ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナージョン・コンスタブルの風景画など多彩なコレクションを誇る。
「レディ・リーヴァー美術館」・wikipedia-photo、「『贖罪の山羊』ウィリアム・ホルマン・ハント」・wikipedia-photo、「『黒きブランズウィック騎兵隊員』ジョン・エヴァレット・ミレー」・wikipedia-photo、「『過ぎ去りし夢―浅瀬のイサンブラス卿』ジョン・エヴァレット・ミレー」・wikipedia-photo、「『シャボン玉』ジョン・エヴァレット・ミレー」・wikipedia-photo、「『農場のクロムウェル』フォード・マドックス・ブラウン」・wikipedia-photo  (wikipdia・レディ・リーヴァー美術館より)]

[レディー・リーバー・アートギャラリーは可憐な田園の村、ポート・サンライトにあります。展示は18世紀、19世紀の絵画と18世紀の家具、ウェッジウッドのコレクションで名高く、その他には美しい中国の陶磁器タペストリー刺繍ギリシャ・ローマ古典時代ラファエル前派の作品、ターナーコンスタブルの絵など多彩です。美術品、装飾芸術品に加え、ギャラリーショップではお土産やプレゼントにも最適な小物やポストカードなどがたくさんそろっています。  (「リバプール 文化と史跡 レディー・リーバー・アート・ギャラリー」より)]

レディ・リーヴァー美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がレディー・リーバー・アート・ギャラリーです。

レディー・リーバー・アート・ギャラリー、エントランスのカメラです。

レディー・リーバー・アート・ギャラリー、ドームのカメラです。

閲覧室のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*