ロイヤル・リヴァー・ビルディング(Liver Building)

マーカーはロイヤル・リヴァー・ビルディングです。

ロイヤル・リヴァー・ビルディング(Royal Liver Building)
[ロイヤル・リヴァー・ビルディングはイギリスリヴァプールにあるグレードI(Categories of listed building)に指定されている建物です。1911年完成の、高さ90メートルの鉄筋コンクリートを使用して構築する世界で最初の建物の一つで、ピア・ヘッド(the Pier Head)にある、「スリー・グレイシズ」(Three Graces, 美を司る3女神)と呼ばれるロイヤル・リヴァー・ビルディング(Liver Building)、ドック・ビルディング(Port of Liverpool Building)、キューナード・ビルディング(Cunard Building)のうちの一つです。リヴァプールユネスコが指定した世界遺産海商都市リヴァプールの一部です。
1911年にオープンしたこの建物は、1850年に市内に設立されたロイヤル・リバー・アシュアランス(Royal Liver Assurance)グループの専用の家で、地元の人々に収入のある親族を失うことに関連した支援を提供しています。鉄筋コンクリートを使用して建設された世界で最初の建物の1つであるロイヤルリバービルは、尖塔の頂上までの高さ98.2 m(322フィート)、メインルーフまでの高さ50.9 m(167フィート)です。しかし、ロイヤルリバービルは現在、リバプール市で4番目に高い共同建造物であり、ウェストタワー(West Tower)、ラジオシティタワー(セント・ジョーンズ・タワー)、リバプール大聖堂によって高さが追い抜かれています。
今日、ロイヤルリバービルはリヴァプール市で最も有名なランドマークの1つであり、街と海を監視する2つの伝説的なライバー・バード(Liver bird)の本拠地です。伝説によれば、これらの2羽の鳥が飛び去ると、都市は消滅します。
1907年、ロイヤルリバーグループには6,000人以上の従業員がおり、より大きな敷地の必要性を考慮して、会社は新しい本社の建設を許可しました。ウォルター・オーブリー・トーマス(Walter Aubrey Thomas)によって設計された建物の基礎石は、1908年5月11日に置かれ、わずか3年後の1911年7月19日に、シェフィールド男爵(Baron Sheffield)によって公式に開かれました。
「ロイヤル・リヴァー・ビルディング」・wikipedia-photowikipedia-photo、「ロイヤル・リヴァー・ビルディング – リバプールマシューストリート音楽祭2006」・wikipedia-photo、「デール・ストリート(Dale Street)上のリヴァー・バードの塔と市庁舎」・wikipedia-photo、「リヴァー・バード塔の一つ」・wikipedia-photo、「各建物の塔の頂上に座る二つのリヴァー・バードの一つ」・wikipedia-photo、「夜間投光照明中のロイヤル・リヴァー・ビルディング」・wikipedia-photo]

The Venue at the Royal Liver Building – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がロイヤル・リヴァー・ビルディング(Liver Building)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*