アルバート橋

マーカーはアルバート橋です。

アルバート橋
[アルバート橋は、テムズ川のタイドウェイに架かる道路橋で、北はロンドン中心部のチェルシー、南は左岸のバタシーに接続しています。ローランド・メイソン・オーディッシュ(Rowland Mason Ordish)によって1873年にオーディッシュ-ルファイヴル・システム(Ordish–Lefeuvre system)が変更された斜張橋として設計および建設されたこの橋は、構造的に健全ではないことが判明したため、1884年から1887年にかけて、ジョセフ・バザーゲット卿(Sir Joseph Bazalgette)が吊り橋の設計要素の一部を取り入れました。1973年に、大ロンドン評議会は2つのコンクリート橋脚を追加しました。これにより、中央スパンが単純な梁橋に変わりました。その結果、今日の橋は3つの異なるデザインスタイルの珍しい複合構造橋です。アルバート橋はイギリス指定建造物グレードIIに指定されている橋です。
ジェフリー・マークス(Geoffrey Marks)によって有料橋として建設され、商業的には成功しませんでした。所有権はデビッド・ジェイコブス(David Jacobs)によって誤って争われました。タイムズ・オブ・ロンドンは、ジェイコブス氏の所有権の主張を「偽り、滑稽で、明らかに偽り」と呼んだ。開業から6年後、それは公的所有になり、通行料が引き上げられました。料金所はそのままで、ロンドンで唯一残っている橋の料金所です。 大勢の人が上を歩くと振動する傾向があることから、「震えた婦人」というニックネームで呼ばれ、橋の入り口には軍が橋を渡るときに踏み破るなと警告する標識があります。
幅わずか27フィート(8.2 m)の道路を組み込んでおり、深刻な構造上の弱点があるため、橋は20世紀の自動車の出現に対処するのに不十分でした。解体や歩行者専用にすべきという多くの呼びかけにもかかわらず、 アルバート橋は、その存続期間中、修理中以外、車両のアクセスを可能にしていました。このような状況の橋は、ロンドン中心部にあるテムズ道路橋に2橋ありそのうちの一つです。もう1橋はタワーブリッジです。バザーゲットと大ロンドン評議会によって行われた強化作業は、橋の構造のさらなる悪化を防ぐことはできませんでした。使用を制限し、その寿命を延ばすために、ますます厳しくなる一連の交通制御対策が導入されています。その結果、これはロンドンで2番目に交通量が少ないテムズ道路橋です。
1992年、アルバート橋は塗装補修され、珍しい配色で塗装されました。視認性が低くても目立つようになり、船による損傷を回避できるように設計されています。夜には、4,000のLEDで照らされ、ランドマークとしてのステータスを高めています。
アルバート橋・wikipedia-photo、「八角形の料金所は、ロンドンで最後に残った橋の料金所です。」・wikipedia-photo、部隊への警告・wikipedia-photo、「コンクリートの中央桟橋が1973年に追加され、橋は斜張橋、吊り橋、梁橋の珍しい混合構造物になりました。」・wikipedia-photo、「珍しい配色は、悪い照明条件での輸送に対する視認性を高めることを目的としています。」・wikipedia-photo、4,000個の電球が夜にアルバートブリッジを照らします・wikipedia-photo]

Albert Bridge – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向がアルバート橋です。

アルバート橋上のカメラです。

アルバート橋北詰のカメラで、橋両サイドに旧料金所があります。

アルバート橋南詰のカメラで、橋両サイドに旧料金所があります。