イングランド銀行(イングランド銀行博物館)

マーカーはイングランド銀行(イングランド銀行博物館)です。

イングランド銀行(イングランド銀行博物館)
[イングランド銀行(英: Bank of England、正式名称:the Governor and Company of the Bank of England)は連合王国(イギリス)の中央銀行。本店がシティ・オブ・ロンドンのスレッドニードル通りに所在するため、「スレッドニードル通りの老婦人」と呼ばれることがある。イングランド銀行は、スコットランド人のウィリアム・パターソンにより当時大同盟戦争(ファルツ継承戦争)下にあったイングランド王国の軍事費を資金する目的で1694年に創設され、イングランド王国政府の銀行として同年7月27日のウィリアム3世_(イングランド王)メアリー2世_(イングランド女王)勅令により認可された。初代総裁はジョン・フビロンであった。これは、名誉革命によって国王となったウィリアム3世治下のイングランドがオランダ財政に学んだ結果でもあった。当時、同銀行の設立に加え、証券市場の成立などの改革も進められた。イングランド銀行は、1734年には現在地に移転し、次第に敷地を拡張していった。バルト海貿易で富を築き、イングランド銀行総裁を務めたジョン・ソーントンは、息子ヘンリやサミュエルらとともに奴隷貿易廃止法案に尽力した。1807年、大英帝国内での奴隷貿易は禁止された。19世紀半ばのヴィクトリア朝時代から第一次世界大戦の終わりまでのイギリスは「世界の銀行」と呼ばれ、世界各地の政府、鉱山、工場、プランテーションなどに投資して、利子を稼いだ。統計によれば、1914年における、世界の海外投資の43パーセントをイギリスが占めていたという。
イングランド銀行・wikipedia-photo、1816年のイングランド銀行と王立証券取引所・wikipedia-photo  (wikipedia・イングランド銀行より)]

イングランド銀行博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がイングランド銀行です。

カメラ西南西方向がイングランド銀行博物館入口です。