ウェストミンスター大聖堂

マーカーはウェストミンスター大聖堂です。

ウェストミンスター大聖堂
[ウェストミンスター大聖堂 (Westminster Cathedral) は、イギリスロンドンウェストミンスターのフランシス通り42番地SW1に位置するカトリック教会。ウェストミンスター大司教区の司教座聖堂であり、イングランドおよびウェールズで最大のカトリック教会である。19世紀後半、ローマ教皇庁イギリス国教会の関係が改善され、イングランドウェールズにおけるカトリック教会が正式に復興し、司教らが再び着任した。1865年に亡くなった初代ウェストミンスター大司教ニコラス・ワイズマンを記念する大聖堂の建築が企画され、各地で資金が集められた。新教会の用地は1884年にワイズマンの後任であるエドワード・マニング大司教(枢機卿)が取得したが、二度にわたって建設計画は頓挫した(1867年のヘンリー・クラットンによる計画及び、1892年のバロン・フォン・ヘステルによる計画)。その後の1895年にマニング枢機卿の後任である第三代大司教ハーバート・ヴォーン枢機卿の時代にようやく建設が始まった。設計はジョン・フランシス・ベントリーであった。大聖堂はベントリーの死後の1903年に完成したが、予算の不足から内部装飾は予定どおりに完成せず、現代に至るまで未完成のままである。また未完成の教会や負債を返却していない教会堂の奉献を認めないという教会法の規定により、同聖堂の献堂式典は1910年6月28日を待たなければならなかった。1982年、教皇ヨハネ・パウロ2世は6日間のイギリス訪問の初日にこの大聖堂を訪れてミサをたてた。1995年にはウェストミンスター大司教ベイジット・ヒューム枢機卿の招きに答えて、女王エリザベス2世が大聖堂を公式訪問して典礼に参加した。イギリスにおいて現役の君主がカトリック教会を公式訪問するのはヘンリー8世_(イングランド王)以来のことであった。
ウェストミンスター大聖堂・wikiprdia-photo、聖堂内部・wikiprdia-photo  (wikipedia・ウェストミンスター大聖堂より)]

ウェストミンスター大聖堂 – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向がウェストミンスター大聖堂です。

ウェストミンスター大聖堂側廊からのカメラです。

ウェストミンスター大聖堂祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*