ウォレス・コレクション

マーカーはウォレス・コレクションです。

ウォレス・コレクション
[ウォレス・コレクション(The Wallace Collection)は、イギリスロンドンにある美術館。15世紀から19世紀にかけての世界的に有名な美術作品、装飾美術作品の数々、および、18世紀フランスの広範囲にわたる絵画作品、家具、武具、甲冑、磁器、そしてオールド・マスターの絵画作品を25室のギャラリーに展示している。設立は1897年。主に第四代ハートフォード侯爵リチャード・シーモア=コンウェイ(Richard Seymour-Conway, 4th Marquess of Hertford 1800–1870)のプライベートコレクションから成り立った。そのコレクションと屋敷は非嫡出の息子リチャード・ウォレス(Sir Richard Wallace 1818–1890)に相続され、ウォレスの未亡人がコレクションの全てをイギリス政府に追贈した。1900年、美術館はマンチェスター・スクウェアのハーフォートハウスにて一般公開され、現在もそのままの状態にある。コレクションを持ちだすことは許されておらず、外部の展示会に貸し出されることもない。入場は無料。非省公共団体である。
「マンチェスター・スクウェアの緑地から見たウォレス・コレクション」・wikipedia-photo、荘厳な室内装飾が保存された展示室・wikipedia-photo  (wikipedia・ウォレス・コレクションより)]

ザ・ウォーレス・コレクション – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がウォレス・コレクションです。

ウォレス・コレクション内のカメラです。