ウォータールー駅

マーカーはウォータールー駅です。

ウォータールー駅
[ロンドン・ウォータールー駅(London Waterloo station)はロンドンサウス・バンク_(ロンドン)に近いランベス・ロンドン特別区にある主要な複合ターミナル駅である。4つの鉄道駅(うちひとつは閉鎖されている)とバスターミナルがつながっている。全ての駅が運賃区間のゾーン1に収まっている。
ウォータールー・メインライン駅(Waterloo mainline station)を中心に、ウォータールー駅_(ロンドン地下鉄)ウォータールー・イースト駅が隣接している。また、ウォータールー国際駅(Waterloo International station)はかつてのユーロスターのロンドン側ターミナルとなっていたが、現在は閉鎖されている。
“station usage figures for 2004-2005,2005-2006”によると、ロンドン・ウォータールー駅はイギリスでは一番旅客数が多い駅となっている。ユーロスターのターミナル駅がセント・パンクラス駅に移されたため、旅客数が減少すると予想されていたが、それに反して未だにその座を保ち続けている。
ウォータールー・メインライン駅
当駅から発着するほとんどの列車はサウスウェスト・トレインズ運営でイングランド南部、ロンドン南西部をカバーしている。
当駅とサウスバンクは歩道橋で結ばれている。ウォータールー歩道の破壊とハンガーフォード橋の再建は、歩行者がウォータールーの広場から高架歩道や歩道橋を使ってテムズ川の北側を通って直接、チャリング・クロス駅へ行けなくなった。ウォータールーで今は消えてしまったもので珍しかった物は、ブルックウッド墓地への”London’s daily funeral express”(ロンドン葬式急行)のターミナルだったことである。 葬式列車は2シリング6ペンスの棺を第二次世界大戦で破壊され今は無き’Necropolis Station’から運んでいた。
メインコンコースの中央部には、4面の大時計がぶら下がっており、「ウォータールー駅の時計の下で」という感じで、伝統的に人々の集合場所として使われている。
「ヴィクトリー・アーチ – ウォータールー駅の表玄関」・wikipedia-photo  (wikipedia・ウォータールー駅より)]

ウォータールー駅 – Google Map 画像リンク」「ウォータールー駅(地下鉄) – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向がウォータールー駅です。

ウォータールー駅コンコース西端のストリートビューです。

カメラ位置はウォータールー・イースト駅への通路口で、ウォータールー・イースト駅とは道路を挟んで歩道橋で結ばれている。