オックスフォード・ストリート

マーカーはオックスフォード・サーカスです。

オックスフォード・ストリート
[オックスフォード・ストリート(Oxford Street)は、ロンドン市中心部ウエストミンスター区を東西約2キロメートルに亘り貫く大通りである。年間2億人以上が訪れる、ヨーロッパで最も人通りが多いストリートであり、300以上の店舗が連なる世界的なショッピング・ストリートとして有名である。
前述の通り、オックスフォード・ストリートは、ロンドンの大動脈である。その東端はニュー・オックスフォード・ストリートを挟んでハイ・ホルボーンと、西端はベイズウォーター・ロードにつながっており、それらをすべて合わせるとホルボーンからノッティング・ヒルまで約7.5キロの長さをほぼ一直線に繋いでいることになる。オックスフォード・ストリートには多くのバスルートが設定されている。しかし朝夕のラッシュ時にはバスが数珠つなぎになり渋滞しており、バスを降りて歩いた方が早い場合もある。また2006年から1年に1度、12月の最初の土曜日に限り、歩行者天国にする試みが行われている。
オックスフォード・ストリートが一番華やぐのはクリスマス・ショッピング・シーズンである。この時期は周囲のストリートと同様にオックスフォード・ストリートもライトアップされ、買い物客を楽しませている。このライトアップの点火式には多くの著名人が参加する。過去5年の点火式出席者は2008年シュガーベイブス、2007年レオナ・ルイス、2006年All Saints、2005年ウエストライフ、2004年エマ・ワトソン&イル・ディーヴォ&スティーヴ・レッドグレーヴである。
オックスフォード・ストリートは巨大なショッピング・ストリートである。しかし、所謂高級ブランドはオックスフォード・ストリートと縦に交差するボンド・ストリートやリージェント・ストリートに集積しており、オックスフォード・ストリート自体には、デパートを除いて、庶民的なブランドの旗艦店が多いのが特徴である。特にオックスフォード・ストリートのほぼ真ん中にある、リージェント・ストリートとの交差点 (オックスフォード・サーカス)より東に小売店が多い。逆にオックスフォード・サーカスより西はイギリスを代表するデパートの本店が集積している。
オックスフォード・ストリートの店舗で最も特徴的なのはデーパートであろう。ハロッズに次ぐ規模でイギリスを代表する百貨店4つが本店を構えている。マークス&スペンサー最大の店舗もある。衣料品店としては世界最大の店舗面積を誇るTopshop、そして日本のユニクロH&Mの旗艦店などもある。またオックスフォード・ストリートは世界的な音楽販売チェーンの創業地でもある。HMVは1921年、オックスフォード・ストリート363番地に最初の店をオープンした。ヴァージンメガストアも1971年、ストリートの東端に最初の店をオープンしている。またストリート周辺にはローリング・ストーンズが初めてステージに立ったMarquee Clubセックス・ピストルズオアシスも演奏した100 Clubなどライブハウスやナイトクラブが軒の連ねている。
「オックスフォード・ストリート」・wikipedia-photowikipedia-photo、「オックスフォード・サーカス ‘X’ crossing」・wikipedia-photo、「マーブル・アーチ」・wikipedia-photoセルフリッジズwikipedia-photowikipedia-photo、「ジョン・ルイス」・wikipedia-photo、デベナムズ・wikipedia-photo、GAP前・wikipedia-photo、HMV・wikipedia-photo、Virgin Megastore・wikipedia-photo、2005年クリスマス・wikipedia-photo  (wikipedia・オックスフォード・ストリートより)]

オックスフォード・ストリート/チャリング・クロス通り – カメラ西方向がオックスフォード・ストリートで、カメラ方向左にトッテナム・コート・ロード駅があります。

カメラ位置はオックスフォード・サーカスで、東西の道路がオックスフォード・ストリートです。

カメラ位置はボンド・ストリート駅前で、カメラ南方向にボンド・ストリート駅口があります。

カメラ位置はマーブル・アーチ前 – カメラ東方向がオックスフォード・ストリートで、カメラ方向左にマーブル・アーチ駅があります。また、カメラ南南西方向にマーブル・アーチがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*