オールド・ベイリー(中央刑事裁判所)

マーカーはオールド・ベイリー(中央刑事裁判所)です。

オールド・ベイリー(Old Bailey・中央刑事裁判所)
[中央刑事裁判所(オールド・ベイリー)は、もともと特別の国会制定法により設置されたが、現在は、国王裁判所の一部となっており、ロンドンの主要な刑事裁判所の一つとなっている。
「オールド・ベイリーこと中央刑事裁判所(ロンドン)」・wikipedia-photo  (wikipedia・国王裁判所より)]

ニューゲート監獄
[ニューゲート監獄(Newgate Prison)は、イギリスの歴史上最も悪名高い刑務所。1188年にヘンリー2世_(イングランド王)の命令によりニューゲートの地に建設され、1236年に大きくその規模を拡大される。死刑囚を含む様々な受刑者を収容しているが、必ずしも脱出不可能というわけではなかった。1724年にジャック・シェパードという泥棒は絞首刑になるまで3度脱獄をしている。時折、小規模な改築が行われてきていたが、古い監獄は一度完全に取り壊され、1770年から8年の歳月をかけて、ジョージ・ダンス設計の新しい建物が建設された。1780年、ゴードン騒乱 (w:Gordon Riots) の際に刑務所に火が放たれ、300人の受刑者が脱走し、それを上回る多くの受刑者が焼死した。脱走者の多くは再び逮捕され、処刑あるいは別の刑務所に収監されることになる。刑務所は2年後に再建された。1783年にロンドン市は、絞首台をロンドン市内のタイバーンから、刑務所のすぐ外に移した。絞首刑は当時の庶民にとっては娯楽であり、大きな観衆を集めた。1812年に刑務所を訪れたエリザベス・フライは、刑務所で賄賂や虐待が横行し、不衛生のきわみであったことに衝撃を受け、刑務所の改善に尽力することになる。イギリスの下院議会に証拠が提出され、少しずつではあるがニューゲート監獄は改善されていくことになる。1868年以後、処刑は以前のように公開せず、ニューゲート監獄内で行われるようになる。1902年に刑務所は取り壊され、その跡地にオールド・ベイリー裁判所が建設された。チャールズ・ディケンズの小説の中にニューゲート監獄はたびたび登場し、『バーナビー・ラッジ』や『大いなる遺産』、『オリヴァー・トゥイスト』の中に当時の刑務所の状況が生々しく描写されている。また、マイケル・クライトンの『大列車強盗』の中にも登場している。
旧ニューゲート監獄・wikipedia-photo  (wikipedia・ニューゲート監獄より)]

Court News UK – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向がオールド・ベイリー(中央刑事裁判所)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*