リージェンツ運河(カムデン・ロック)

マーカーはカムデン・ロックです。

リージェンツ運河(カムデン・ロック、Camden Lock)
[リトル・ベニスにほど近いパディントン・ベイスンからライムハウス・ベイスンまでの運河を「リージェンツ運河」という。運河工事は1812年に着工し、労働者の事故死や資金枯渇などの憂き目をみながらも、8年後には開通した。このマスター・プランを作成したのは、リージェント・ストリートの設計者でもあるジョン・ナッシュ_(建築家)だ。ナッシュは、プリンス・リージェント(後のジョージ4世_(イギリス王))の懐刀(ふところがたな)として暗躍し、数多くの国家プロジェクトを手掛けている。産業革命が起こったころ、ロンドンの市街地はすでにロンドン北西部のパディントン周辺まで広がっていた。そのため、運河をテムズ川まで延長するにはリージェンツ・パークを迂回する、つまり市街地の北端沿いに西から東へと掘り進んでから南下し、ライムハウス(リージェント運河ドック)の辺りでテムズ川に合流するルートが経済的だったわけだ。ライムハウスまで来れば、あと少しで現在のカナリー・ワーフに到達する。この運河は、途中、パンキッシュな街、カムデンを通過する。カムデンといえば、いつも活気に溢れる「カムデン・ロック・マーケット」が有名だが、この「ロック」とは、運河の水位を調節する水門のこと。大地には高低差があるため、水面の高さが同じ運河を建設することは、不可能に近い。海抜0メートルに合わせて運河を掘り続けると、山中ではまるで谷底を抉(えぐ)るようになってしまうからだ。そこで水位を簡単に調節できるロックが採用されたというわけだ。  (「イギリス生活情報週刊誌 – 英国ニュースダイジェスト – リージェンツ運河」より)]

ジェイソンズ・トリップ(Jason’s Trip)
[4月1日(土)から11月の最初の週末まで営業。
月曜日から金曜日
リトルベニス カムデンロック
出発 到着/出発
10:30 11:15
12:30 13:15
14:30 15:15
土曜日と日曜日
リトルベニス カムデンロック
出発 到着/出発
10:30 11:15
12:30 13:15
14:30 15:15
16:30 * 17:15 *
* 16:30〜8月のみ
料金
片道:大人 – £9.50 /コンセッション£8.50
往復:大人 – £14.50 /コンセッション£13.50
コンセッションは14歳未満と65歳以上に適用されます。 4歳未満の旅行は無料です。
20名以上のグループは、事前に電子メールで予約し、少なくとも48時間の事前通知が必要です。
チケットはボートで購入、ロンドンパスが利用できます。カード支払いを受け付けていません。]

ロンドン・ウォーターバス・カンパニー
[リトル・ヴェニス〜ロンドン動物園〜カムデン・マーケット間を運行。
予約制ではなく、現地でのチケット購入となります。
料金
●リトル・ヴェニスまたはカムデン・ロック・マーケット発
片道(50分) – 大人 £9/子供(3〜15歳)・ シニア(65歳以上) £7.5
往復(110分) – 大人 £14/子供(3〜15歳)・ シニア(65歳以上) £12
●ロンドン動物園行き
ロンドン動物園の入場料込み
カムデン・ロックから片道(15分) – 大人 £25/子供(3〜15歳) £18/シニア(65歳以上) £22
リトル・ヴェニスから片道(30分) – 大人 £27/子供(3〜15歳) £21/シニア(65歳以上) £24
●ロンドン動物園発
カムデン・ロック行き(15分) – 大人 £4.4/子供(3〜15歳)・ シニア(65歳以上) £3.4
リトル・ヴェニス行き(35分) – 大人 £5.3/子供(3〜15歳)・ シニア(65歳以上) £4.3]

Hampstead Road Locks (1) – Google Map 画像リンク

カメラ東方向が、曳舟道「リージェント・カナル・トウパス(Regent’s Canal Towpath)」と運河に架かる「移動橋(Roving bridge)」です。カメラ位置付近が水上バスの降りばです。

カメラ位置は移動橋(Roving bridge)で、カメラ北北東方向がリージェンツ運河(カムデン・ロック)です。

リージェンツ運河(カムデン・ロック)の水抜き後の内部カメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*