カレーの市民

マーカーはカレーの市民像です。

カレーの市民(ヴィクトリア・タワー・ガーデン、Victoria Tower Gardens)
[カレーの市民 (Les Bourgeois de Calais)は、オーギュスト・ロダン作の著名な彫刻のひとつで、1888年に完成した。 「カレーの市民」は、百年戦争時の1347年、イギリス海峡におけるフランス側の重要な港カレー_(フランス)が、一年以上にわたってイギリス軍に包囲されていた際(カレー包囲戦)の出来事に基づいて作られている。エドワード3世_(イングランド王)は、クレシーの戦いで勝利を収めた後カレーを包囲、フィリップ6世_(フランス王)は、なんとしても持ちこたえるように町に指令した。 しかしフィリップ王は包囲を解くことができず、飢餓のため町は降伏交渉を余儀なくされたのである。 エドワード王は、町の主要メンバー6人が自分の元へ出頭すれば町の人々は救うと持ちかけたが、それは6人の処刑を意味していた。 エドワード王は6人が、裸に近い格好で首に縄を巻き、城門の鍵を持って歩いてくるよう要求したのである。
町の裕福な指導者のうちの一人、ユスタシェ・ド・サン・ピエール(Eustache de Saint Pierre)が最初に志願し、すぐに5人の市民、ジャン・デール(Jean d’Aire)、ジャック・ド・ヴィッサン(Jacques de Wissant)、ピエール・ド・ヴィッサン(Pierre de Wissant)、ジャン・ド・フィエンヌ(Jean de Fiennes)、アンドリュー・ダンドル(Andrieu d’Andres)が後に続いた。 彼らはズボンまで脱いだのである。 サン・ピエールを先頭に、やせ衰えた6人は町の城門へと歩いた。 まさにこの、敗北、英雄的自己犠牲、死に直面した恐怖の交錯する瞬間をロダンは捉え、強調し、迫力ある群像を作り出したのである。歴史的には、処刑が予測された6人の命は、エドワード王妃フィリッパ・オブ・エノーの嘆願により助命された。 彼女は、生まれてくる子どもに殺戮は悪い前兆となると言って夫を説き伏せたのである。
「ロンドンのヴィクトリア・タワー・ガーデンのカレーの市民。フランスの法の元、ロダンの死後この作品は12点しか鋳造されなかった。ロンドンのものは、1911年に英政府がそのうちの1点を購入したものである。」・ファイル:Auguste_Rodin-Burghers_of_Calais_London_(photo).jpg  (wikipedia・カレーの市民より)]

[「背景にバクメモリアル噴水とウェストミンスター宮殿・ヴィクトリアタワー公園(2011年)」・wikipedia-photo、バクストン(Buxton)記念噴水(イギリスにおける奴隷解放の記念塔)・wikipedia-photo、「エメリン・パンクハースト(Emmeline Pankhurst・イギリスの婦人参政権活動家。第一次世界大戦以前の女性の選挙への参加に尽力。)記念像」・wikipedia-photo、「ロダン作、カレーの市民」・wikipedia-photo]

The Burghers of Calais – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が「カレーの市民」のオリジナル鋳型から作られる像のエディション(限定製造12点のうちの一つ)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*