キャノン・ストリート駅

マーカーはキャノン・ストリート駅です。

キャノン・ストリート駅
[キャノン・ストリート駅 (Cannon Street station) は、イギリスロンドン都心部にある駅。金融街シティ・オブ・ロンドン(シティ)の南端、テムズ川の北岸にある、ナショナル・レールロンドン地下鉄の複合駅である。
この駅は、中世のハンザ同盟のイギリスにおける交易基地であったSteelyardの場所に建てられている。
この駅は、テムズ川の南岸からキャノン・ストリート鉄道橋を渡りシティの南端に達したところにある終着駅で、頭端式ホーム4面7線のプラットホームを持つ高架駅である。元々は8番線まであったが、1990年代後半の改装により元の1番線が撤去されている。
鉄道橋を渡ったテムズ川南側において線路は東西にあるロンドン・ブリッジ駅ウォータールー・イースト駅の両方向へ分岐し、東西に両駅を結ぶ線路に合流するデルタ線の形になっている。 駅はキャノン・ストリートとDowgate Hillに出入口を有する。
キャノン・ストリート駅はネットワーク・レールが所有のみならず管理も行う17の駅のひとつである。
この駅はロンドン・ブリッジ駅を経由してロンドン南東部とシティの南部とを接続する。
数系統がケントイースト・サセックスからキャノン・ストリート駅まで直通運行するが、ラッシュ時のみの運行である。稀に週末、線路の保守点検がなされている場合には、ロンドン・ブリッジ駅からウォータールー・イースト駅を経由してチャリング・クロス駅に向かう路線の途中駅となる。すなわち列車がロンドン・ブリッジ駅を出たあとまっすぐ進まずにデルタ線を北方向に進み、キャノン・ストリート駅で方向転換(スイッチバック)してデルタ線を西方向に進み、ウォータールー・イースト駅に至るというルートをとる。もしくは、旅客が列車を乗り換えることになる。
以下は1時間当たりの典型的なオフ・ピーク時のサービスである。
●2本 ルイシャム駅経由ヘイズ駅行き
●2本 グリニッジ駅経由ダートフォード駅行き
●2本 ルイシャム駅とウーウィッチ・アーセナル駅経由プラムステッド駅行き
●2本 グリニッジ駅とシドカップ駅経由ロンドン・キャノン・ストリート駅行き (環状)
●2本 シドカップ駅とグリニッジ駅経由ロンドン・キャノン・ストリート駅行き (環状)
●1本 ミッドストーン・イースト駅経由アシュフォード国際駅行き
「キャノン・ストリート駅」・wikipedia-photo、「ロンドン橋からみたキャノン・ストリート駅(右側)」・wikipedia-photo  (wikipedia・キャノン・ストリート駅より)]

Cannon Street – Google Map 画像リンク」「キャノン・ストリート – Google Map 画像リンク

カメラ南方向がキャノン・ストリート駅です。

キャノン・ストリート駅構内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*