キュー宮殿

マーカーはキュー宮殿です。

キュー宮殿
[キュー・ガーデンズの歴史はテュークスベリーのケープル卿が熱帯植物を集めた庭を作ったことに始まる。その後この庭はジョージ2世(在位:1727年 – 1760年)の長男フレデリック皇太子の未亡人であるオーガスタ妃によって拡張され、ウィリアム・チェンバーズの設計による建築物が何棟か建てられた。
フレデリック皇太子の息子・ジョージ3世(在位:1760年 – 1820年)はウィリアム・エイトンやサー・ジョゼフ・バンクスに命じてさらに庭園の植物を豊かなものにさせた。旧キュー・パークは1802年に廃止され、1781年にジョージ3世は隣接するダッチ・ハウスを買い上げて、王室の子供達を育てる施設とした。この建物は現在キュー宮殿として残されている。  (wikipedia・キューガーデンより)]

[キューガーデンズの敷地内に、英国王室最小といわれる宮殿「キューパレス」があります。キューパレスは、1631年に裕福なオランダ商人によって建てられ、その後1729年にイギリス王室所有に。18世紀終わりに、神経衰弱を起こしがちであったジョージ三世の療養のために使われたことでも有名です。キューパレス内には別料金なしで入場でき、そこに住んだ歴代の王族の当時の生活を垣間見ることが出来ます。  (「世界遺産!ロンドン・王立植物園キューガーデンの見どころ5選 …」より)]

キュー宮殿 – Google Map 画像リンク

キュー宮殿前のストリートビューです。

キュー宮殿展示ルームのカメラです。

キュー宮殿中庭のカメラです。