ギルドホール・アート・ギャラリー

マーカーはギルドホール・アート・ギャラリーです。

ギルドホール・アート・ギャラリー
[ギルドホール・アート・ギャラリー (Guildhall Art Gallery) は、イギリスロンドンにある美術館である。シティ・オブ・ロンドンの管理。
1886 年にシティ・オブ・ロンドンのコレクションを公開するために開館。しかし1941年、第二次世界大戦ザ・ブリッツ)の影響で建物が破壊されてしまう。大半の作品は残ったが、160以上の絵画やデッサン、20の彫刻が失われてしまった。その後シティ・オブ・ロンドンは臨時で展覧会を開くなどしてきたが、1988年に再建が決定された。建設途中の1987年、建物の下からローマ時代アンフィテアトルムが発見され、建築計画の見直しがされた後に1999年に再び開館した。
1660年から集められてきた4000点以上の絵画、デッサン、彫刻作品を収蔵しており、常時展示されているのは250点程である。16世紀以降の歴代の王族や市長達の肖像画、17世紀から現在に至るロンドンの風景画、ラファエル前派のコレクションが充実している。
「ギルドホール・アート・ギャラリー」・wikipedia-photo  (wikipedia・ギルドホール・アート・ギャラリーより)]

[ギルドホール(市庁舎)の名を冠する同ギャラリーは、ロンドン市自治体のユニークなコレクションを展示している。1999年築と新しいが、第二次世界大戦時に最初のギャラリーが破壊されてしまった後、同じ場所に建て直された。およそ250の作品が3階にわたるフロアに展示されている。1660年から集められてきた常設のコレクションは4千もの絵画、デッサン、彫刻を有する。16世紀以降の歴代の王族と市長達の肖像画、17世紀から現在に至るロンドンの風景画、そしてたくさんの19世紀およびビクトリア朝時代のアーティスト(ジョン・コンスタブルエドウィン・ランドシーアジョン・エヴァレット・ミレーフレデリック・レイトン卿など)の作品がある。  (「ギルドホール・アートギャラリー – 乗換案内 タウン情報」より)]

ギルドホール – Google Map 画像リンク」、「ギルドホール アート ギャラリー – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がギルドホールで、広場右がギルドホール・アート・ギャラリーです。

カメラ東北東方向がギルドホール・アート・ギャラリーで、カメラ北北西方向がギルドホールです。

ギルドホール・アート・ギャラリーの半2階にあるギャラリーのカメラです。

ギルドホールの「ギルドホール」二階デッキからのカメラです。

「ギルドホール」での晩餐会開催前のカメラです。

「ギルドホール」の二階ホールのストリートビューで、右下のフロアボタンをクリックすつとそのフロア画像が表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*