クレイヴン・コテージ

マーカーはクレイヴン・コテージです。

クレイヴン・コテージ
[クレイヴン・コテージ (Craven Cottage)は、ロンドンテムズ川沿いのハマースミス・アンド・フラム・ロンドン特別区に存在するサッカー専用スタジアム。オープン当初からフラムFCがホームスタジアムとして利用している。スタジアムはロンドンのフラム地区、キングス・ロードがテムズ川を渡るパットニー橋の北詰近くの川沿いに位置する。最寄り駅はロンドン地下鉄パットニー・ブリッジ駅(1kmほど)。収容客数は22,230人だが、2006年3月19日に行われた対チェルシーFC戦では22,486人の入場が記録された。名称の由来となったコテージは1780年に第6代クレイヴン男爵ウィリアム・クレイヴンにより建設された。現在は住宅地が広がっているこの地区は、当時はアン・ブーリンが所有する猟場や森が存在していた。この家屋は1888年に火事で失われ敷地は放棄されていた。19世紀に現在のフラムFCの前身が誕生すると、チームはこの敷地でサッカーを競技できるように土地を整備した。土地の所有者には入場券の何割かが物納で払われていた。チケットが残る最初の試合は1886年10月10日の対ミネルヴァ戦である。観客席もすぐに設けられ、煉瓦の色からオレンジ・ボックスと称された。これらは仮設備であったが、ロンドン・シティ・カウンシルは安全性に懸念を覚え、スタジアムを閉鎖しようとした。1905年に裁判が行われ、チームが建築家アーチボルド・リーチの設計による新スタジアムを建設することで和解された。赤煉瓦を用いたスタジアムは15,000ポンドかけて建設された。スタジアムは現在指定建造物 (listed buildings) に指定されている。。
「クレイヴン・コテージ」・wikipedia-photo、国際親善試合 オーストラリア vs ニュージーランド・wikipedia-photo  (wikipedia・クレイヴン・コテージより)]

クレイヴン・コテージ – Google Map 画像リンク

カメラ西方向がクレイヴン・コテージです。

クレイヴン・コテージ・フィールドのカメラです。

クレイヴン・コテージ観客席のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*