グリニッジ埠頭

マーカーはグリニッジ埠頭です。

グリニッジ埠頭(Greenwich Pier)
[グリニッジ埠頭はロンドングリニッジのロイヤル・ボロウにあるテムズ川に架かる埠頭です。埠頭はLondon River Servicesによって運営され、様々なテムズ川クルーズオペレーターによって呼びかけられ、主にセントラルロンドンとの間で公共クルーズサービスを運航しています。
グリニッジはロンドンで人気のある観光地で、現在は世界遺産に登録されています。この埠頭は、1869年に建設されたクリッパー船カティサーク(Cutty Sark)、旧王立海軍大学(Old Royal Naval College)、グリニッジ病院に隣接しています。国立海洋博物館グリニッジパークから約500m、中央グリニッジから200mのところにあります。また、近隣にはグリニッジ市場グリニッジ天文台があります。
グリニッジ埠頭は、以下を含むいくつかの河川運営会社の主要な停留所です。
●テムズクリッパーズ(Thames Clippers)が運営する、エンバンクメント埠頭、タワーミレニアム埠頭、カナリー・ワーフ埠頭、ノースグリニッジ埠頭とウールウィッチアーセナル埠頭を経由するテムズ通勤のカタマランサービス。
●Thames River Servicesが運営する、Westminster-Greenwichクルーズ。
●City Cruisesが運営するウエストミンスター・ミレニアム埠頭、ロンドンアイ埠頭、タワーミレニアム埠頭経由の観光クルーズ。
グリニッジ埠頭・wikipedia-photo]

[今日は川下り。天気が気になります。でもロンドンの天気予報はいつも”晴れのちくもり時々雨” なのです。あてにはなりません。雨は降らない、と自分に言い聞かせて、チャリングクロス埠頭へと向かいます。 グリニッジ埠頭までの片道約40分の遊覧です。船に乗り込んですっかり天気のことなど 忘れてしまって鼻唄混じりのその時!雨がポツ、ポツ、まわりの人々がいっせいにヤッケを 着始めたのには驚きました。どこのテレビ局の天気予報を聞いてきたんだろう?みんな当り前 の顔です。そう、川下りにヤッケは必需品なのです。先頭に陣取っていた私たちでしたが、しかたなく 屋根のある方へ移動しました。引っ込んでまもなく出発の合図があり、船が動き出したのと同時に、 雲が切れて青空がのぞき、な~んだ、そのまま先頭にいればよかったんだと見ると、ロンドンっ子 たちが先頭にいて、はしゃいでいます。なんだかやられた~って感じでした。  (「テムズ川遊覧とグリニッジ」より)]

シティ クルージーズ グリニッジ桟橋 – Google Map 画像リンク」「Greenwich Pier – Google Map 画像リンク

カメラ初期設定方向がグリニッジ埠頭です。