グリニッジ天文台

マーカーはグリニッジ天文台です。

グリニッジ天文台
[水運と密接に結びついてきたグリニッジの歴史的建造物群は、世界遺産に登録されている。グリニッジ天文台がある都市としてよく知られており、この天文台をグリニッジ子午線が通っている。かつて、協定世界時に置き換えられるまでは、グリニッジ天文台での時間計測に基礎を置いたグリニッジ標準時が用いられていた。グリニッジはもはや実用的な天体観測を主導する場ではないが、いまなお報時球は正確に午後1時を知らせ、町にはジョン・ハリソン_(時計職人)の海事クロノメーターをはじめとする天文学や航海術に関する道具を集めた博物館もある。天文台は、プラセンティア宮殿の敷地を利用したグリニッジ公園内にある。公園にはイニゴー・ジョーンズ作のクイーンズ・ハウスを含む国立海事博物館 (National Maritime Museum) があり、全ての建築物は自由に訪れることが出来る。  (wikipedia・グリニッジより)]

[グリニッジ天文台(Royal Greenwich Observatory)は、ロンドン郊外グリニッジ地区のテムズ川河畔グリニッジ・パーク内に存在する天文台。1675年にチャールズ2世(在位:1660年5 – 1685年)が設立した王立天文台で、初代天文台長はジョン・フラムスティード。観測機関としての王立天文台は1990年にケンブリッジに移転し、現在は観測拠点としての機能は終えている。経度0度にあり、経度および時刻の基準(グリニッジ標準時)点として観測等を行なっていた。
グリニッジ天文台・wikipedia-photo、「敷地内にはグリニッジ子午線の基準になっている、グリニッジ天文台旧本館の窓」・wikipedia-photo  (wikipedia・グリニッジ天文台より)]

グリニッジ天文台 – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向がグリニッジ天文台です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*