ケンウッド・ハウス

マーカーはケンウッド・ハウスです。

ケンウッド・ハウス
[ケンウッド・ハウス(英: Kenwood House、アイヴィー・ビクエストとも)は、イギリスロンドンのハムステッド・ヒース(Hampstead Heath)公園の北端に位置するカントリー・ハウス、美術館である。ヨハネス・フェルメールの『ギターを弾く女』、レンブラント・ファン・レイン晩年の『自画像』などの名画を所蔵することで知られる。
最寄駅は地下鉄ハムステッド駅イングリッシュ・ヘリテッジが管理を行い、屋敷は第一級指定建築物(Listed building)に指定されている。ハムステッド・ヒースと繋がる形で広大な庭園を有し、毎年夏に行われる野外コンサートは、ロンドンの夏の風物詩である。
ケンウッド・ハウスの歴史は17世紀前半にさかのぼる。1755年には屋敷の西側に豪華な温室が増築されている。
18世紀半ば、当時イギリスで著名な判事であった初代マンスフィールド伯爵ウィリアム・マレー(William Murray, 1st Earl of Mansfield)は、仕事の拠点をスコットランドからロンドンに移したため、新しい邸宅を探していた。1754年、マンスフィールド伯爵はケンウッド・ハウスと周辺の土地を購入。その後、屋敷の改築を新古典主義の建築家ロバート・アダムに依頼した。
アダムは1764年から1779年にかけて、16年の月日を費やしてケンウッド・ハウスを外装、内装ともに完全に作り変えた。西側に突出した温室とのバランスを取るため、アダムは屋敷の東側に図書室を増築。これはアダムの内装作品の中でも傑出したものとされている。さらに、巨大なイオニア式石柱を備えた柱廊玄関と、南側正面の真っ白なファサードは、特に素晴らしい建築作品として評価された。
また、1793年から1796年にかけて、ジョージ・ソーンダースが北側玄関の脇に2つの北向きのウイングを増築。そして屋敷の東側約30メートルほどの箇所に、オフィス、料理室および醸造所を備えた建物を新築した(現在はカフェ・レストランとして利用されている)。
20世紀に入って、新たに法制化された相続税のため、マンスフィールド伯爵家はケンウッド・ハウスを次世代に受け継がせることが難しくなった。第六代伯爵はケンウッド・ハウスの売却を決め、1922年には屋敷内の家具家財がオークションにかけられた。
1925年、ギネス一族の一人、ギネスビール社会長の初代アイヴィー伯爵エドワード・セシル・ギネス(Edward Guinness, 1st Earl of Iveagh)が、ケンウッド・ハウスと残されていた土地約30ヘクタールを購入。この時、内部の家具はすでにすべて売却されてしまっており、屋敷はがらんどうであった。これもエドワード・ギネスにとっては都合のよいことであった。彼は優れた絵画コレクターであり、当時すでに第一級のコレクションを所持していた。それらの絵画を展示できる建築物を、ギネスは欲していたのである。そして、鉄道駅の新設予定も彼の反対により撤回され、ケンウッド・ハウスの緑地は保全されることになった。
そのわずか2年後の1927年、エドワード・ギネスは死去。ケンウッド・ハウスは彼の絵画コレクションとともに国に遺贈され、1928年に一般に公開された。
「南側の庭園から眺めたケンウッド・ハウス。アダム設計の真っ白な美しい南側正面が確認できる。向って右側のウイングが増築した図書室。反対左側のウイングが元の温室」・wikipedia-photo、「現在のケンウッド・ハウス北側正面。中央はアダム設計の柱廊玄関。その両脇から迫り出しているのが、1793年から増築された北側ウイング」・wikipedia-photo、西の温室側から眺めた南側正面・wikipedia-photo、ヨハネス・フェルメール『ギターを弾く女』(1670年頃)・wikipedia-photo、レンブラント・ファン・レイン『自画像』・wikipedia-photoフランス・ハルス『ピーター・ファン・デン・ブロッケの肖像』・wikipedia-photo、「Two Piece Reclining Figure, No. 5(1963-1964) by ヘンリー・ムーア」・wikipedia-photo、「Monolyth-Empyrean(1953) by バーバラ・ヘップワース」・wikipedia-photo  (wikipedia・ケンウッド・ハウスより)]

ケンウッドハウス – Google Map 画像リンク」「ケンウッドハウス – Google Map 画像リンク」「ケンウッドハウス – Google Map 画像リンク」

ケンウッド・ハウス入口ゲート前のカメラです。

ケンウッド・ハウス前のカメラです。

ケンウッド・ハウスのエントランスホールのストリートビューです。

エントランスホールにあるギネスビール社会長の初代アイヴィー伯爵夫人姉妹の肖像画。

カメラ西南西方向下、右にフェルメール『ギターを弾く女』、左にフランス・ハルス『ピーター・ファン・デン・ブロッケの肖像』があります。また、カメラ南東方向角右下にレンブラント・ファン・レイン『自画像』があります。

トマス・ゲインズバラ作『ハウ伯爵婦人メアリー(Mary Countess Howe)』(1764年)

ケンウッド・ハウス南側庭園のストリートビューです。

カメラ位置はケンウッド・ハウス西側の庭園です。