ケンジントン宮殿

マーカーはケンジントン宮殿です。

ケンジントン宮殿
[ケンジントン宮殿(Kensington Palace)は、イギリスの首都ロンドンに存在する宮殿。ウェストミンスターの西方ケンジントン・ガーデンズ内にある。現在はイギリス王室の構成員であるケンブリッジ公爵家ケンブリッジ公爵と夫人のキャサリン妃ジョージ王子シャーロット王女)、リチャード_(グロスター公)、ケント公爵息マイケル王子夫妻(マイケル・オブ・ケント)などが居住している。
宮殿の起源は17世紀にノッティンガム伯の為にケンジントンに建設されたノッティンガム・ハウスである。この館は1689年にウィリアム3世_(イングランド王)によってノッティンガム伯の子孫から買い取られた。ウィリアム3世は気管支喘息を患っており、スモッグが覆うロンドン中心部を嫌ったためであるとされる。
当時のケンジントンはロンドンの街から離れた村落であったが、テムズ川の水運を用いなければならなかったハンプトン・コート宮殿よりも移動距離が短かった。宮殿からハイド・パーク・コーナーまでには私的な道が設けられたが、これは数台の馬車が並行して走れるほどの幅を有していた。その内の一部は現在ロットン・ロウとして残されている。その後、クリストファー・レンによって宮殿は拡張され、建物の正面を西方として南北には新たに棟を建設し、前庭(cour d’honneur)が整備された。公にはあくまでケンジントン・ハウスであり、パレスではなかった。
数世紀の間イギリス王室の面々はこの宮殿を愛用してきたが、正式な宮殿はセント・ジェームズ宮殿のままであった。ウィリアム3世の妻、メアリー2世_(イングランド女王)は1694年に天然痘によりケンジントンで死去している。1702年にはウィリアム3世がハンプトン・コートで落馬し、ケンジントンへと運ばれここで死去した。ウィリアムの死後はアン_(イギリス女王)が居住した。
1981年には第8、9アパートメントが合体され、新婚のプリンス・オブ・ウェールズ夫妻、チャールズ_(プリンス・オブ・ウェールズ)ダイアナ_(プリンセス・オブ・ウェールズ)の居室とされた。離婚後もダイアナの公の居住地はこの場所にあった。ウィリアム (ケンブリッジ公)は宮殿からケンジントン付近の保育所、そしてノッティング・ヒルの幼稚園へと通っていた。
今日では一般に開放されているのはマーガレット_(イギリス王女)が住んでいたアパートメント1Aの庭部分のみである。玉璽室はHistoric Royal Palaces Agency (HRPA) により、その他のプライベート部分は現在も王室の予算を用いて整備されている。
ケンジントン宮殿公園・wikipedia-photo、「18世紀初頭に作られた版画・ジャン・キップ作」・wikipedia-photo、「キングズ・ギャラリー」・wikipedia-photo  (wikipedia・ケンジントン宮殿より)]

[ブレア首相はダイアナの遺体がイギリスに戻る直前にダイアナについての演説を行い、「彼女は人々のプリンセスでした。そしてこれからも永遠に私たちの心と記憶に留まり続けるでしょう」と述べた。それを立証するかのように国民が次々とバッキンガム宮殿やケンジントン宮殿にやってきてダイアナのために献花し、宮殿前は無数の花束で埋め尽くされた。
「1997年9月1日、ケンジントン宮殿前に寄せられたダイアナ哀悼の花束」・wikipedia-photo  (wikipedia・ダイアナ_(プリンセス・オブ・ウェールズ)より)]

ケンジントン宮殿ホームページ

イギリス ロンドン ケンジントン宮殿」「ケンジントン宮殿を見学。見どころ・おすすめ、宮殿内部の …

ケンジントン宮殿 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向がケンジントン宮殿です。

カメラ西北西方向がケンジントン宮殿です。

ケンジントン宮殿玄関ホールのカメラです。

ケンジントン宮殿国王の階段のカメラです。カメラ初期設定方向画は主席宮廷画家ウィリアム・ケント作になります。(wikipedia-photo)
[王の階段の再設計
王の階段の壁は、ジョージ1世の宮廷を鮮やかに再現したものとしてウィリアム・ケントによって描かれました。アートワークは、興味深く、予想外のキャラクターでいっぱいの活気のある18世紀の裁判所を描いています。赤い制服を着た警備員の何人かは、壁に描かれたアーケードの人物の間に立っており、その多くは宮廷のメンバーとして識別できます。ケントは1724年に階段の絵を完成させ、クリストファーレン卿によって設置されたかなり無地の木製パネルに取って代わりました。ケントは絵に自分の肖像を含めました。天井に描かれた、茶色いターバンを巻きパレットを片手に持つ画家は、ウィリアム・ケント自身です。警備隊のヨーマン(Yeoman)に加えて、ケントの絵には、1725年夏、北ドイツの森で12歳前後と思われる少年で見つかった野生の子供、『野生児ピーター』も登場します。ジョージ1世の宮廷のメンバーを示す東の立面図の左から二人目「緑のコート」の少年。]

謁見の間

キュポーラルーム(「ヴィクトリア女王」が洗礼を受けた部屋)

国王の応接室

ケンジントン宮殿「キングズ・ギャラリー」のカメラで、カメラ初期設定方向中央に風向計があります。
[ここの壁にかかる一見地図のようなこの代物は、宮殿の屋根にある風向計と繋がれていて、風向きがわかるようになっている「wind dial」。1694年にウィリアム3世が作らせたもので、これを見て、敵国が海を渡りイギリスに侵入してくるのに良い風向きかどうかを知ることができ、警戒態勢を取れたとか。ロシアピョートル大帝がウィリアムを訪ねてケンジントン宮殿にやって来た時、他の何よりも、この風向ダイヤルに興味深々であったという事です。  (「ケンジントン宮殿内観光 – Mini Post from England」より)]

カメラ初期設定方向左端-パオロ・ヴェロネーゼ作『The Adoration of the Kings』 (c. 1573–1666)、中央-Italian School制作『Venus and Adonis Embracing』 (c. 1580–1620)、ヤコポ・バッサーノ作『The Flood, Jacopo Bassano (c. 1570)、右端-ティントレット作『9人のムーサ』(1578年)

カメラ初期設定方向左から、Italian School制作『Diligence」(c. 1530)、アンソニー・ヴァン・ダイク作『Charles I with M. de St Antoine』 (1700s)、Italian School制作『Fame』(c. 1530)。

ケンジントン宮殿庭園のカメラです。