コヴェント・ガーデン

マーカーはコヴェント・ガーデンです。

コヴェント・ガーデン
[コヴェント・ガーデン(Covent Garden)はロンドン中心部シティ・オブ・ウェストミンスター中に存在する地区。チャリング・クロスから500メートルほど北に位置する。商店や娯楽施設が立ち並び、常に人ごみで賑やかな場所である。地区の周囲にはハイ・ホルボーン、キングスウェイ、ストランド、チャリング・クロス・ロードなどの道路が縦横に走っている。16世紀から1974年に至までは野菜や果物の卸売市場が置かれていた。市場はテムズ川の南岸ナイン・エルムズへと移転され、跡地はショピング街として再開発されている。ロイヤル・オペラ・ハウスを指してコヴェント・ガーデンと称することもある。イングランド国王ジョン_(イングランド王) (1199年 – 1256年) の時代にコンヴェント・ガーデン (“Convent Garden”) と名付けられたが、時代が下るにつれ現在のようにコヴェント・ガーデン (Covent Garden) と書かれるようになった。中世にはこの地区はウェストミンスター大修道院 (アベイAbbeyまたはコンヴェントConvent) の食料を賄う野菜畑 (Garden)として利用されていた。それから数世紀は修道院のみならずロンドンの住人が食べる野菜類はこのコンヴェント・ガーデンで作られていた。近世におけるコヴェント・ガーデンの歴史は17世紀に第4代ベッドフォード公爵フランシス・ラッセルの手により土地が再開発された際に始まる。イングランドにおける初期ルネッサンスを代表する建築家であるイニゴー・ジョーンズにより市場が設計された。市場は活気であふれ、商人や買い物客を狙った娯楽も盛んとなった。現在ロンドンでストリート・パフォーマンスが許されているのはコヴェント・ガーデンだけである。1980年にコヴェント・ガーデンは大改装を受け観光客を対象としたショッピングセンターへと生まれ変わった。付近にはロンドン交通博物館や、ロイヤル・オペラ・ハウスなども立ち並んでいる。
コヴェント・ガーデン・マーケット・wikipedia-photo、市場の内部・wikipedia-photo、マーケット・ホール・wikipedia-photo、地下鉄駅への入り口・wikipedia-photo、ニールズ・ヤード・wikipedia-photo  (wikipedia・コヴェント・ガーデンより)]

[コヴェント・ガーデン・マーケットでは、毎日様々な市が開かれています。マーケット側のアップル・マーケット(Apple Market)と広場南側のタヴィストック通り沿いのジュビリー・マーケット・ホール(Jubilee Market Hall)では、現在も火曜から土曜までは食品やクラフト類を含む、様々なジャンルの露店が並び、土日には手作りのクラフト作品がずらりと並びます。  (「西洋アンティーク紀行 第4回 イギリス・アンティーク紀行(3 …」より)]

コベント・ガーデン – Google Map 画像リンク

コヴェント・ガーデンのストリートビューで、カメラ南西方向がコヴェント・ガーデンです。

ジェームス・ストリート入口のストリートビューです。

コヴェント・ガーデン内のストリートビューです。