サザーク大聖堂

マーカーはサザーク大聖堂です。

サザーク大聖堂(Southwark Cathedral)
[サザーク大聖堂または大聖堂の正式名は、聖救世主と聖マリアOverieの大聖堂(Southwark Cathedral Church of St. Mary Overie)で、イギリスロンドンサザーク・ロンドン特別区テムズ川に掛かるロンドン橋の近くの南岸に位置しています。サザーク大聖堂は、ロンドン最古のゴシック様式の教会です。サイトへの最古の参照は、イングランドを征服し、ノルマン朝を開いて現在のイギリス王室の開祖となった、ウィリアム1世_(イングランド王)が行った検地の結果を記録した1085年に作られた世界初の土地台帳ドゥームズデイ・ブック(Domesday Book)に記録されている。1106年に、ヘンリー1世_(イングランド王)の治世、教会はアウグスティノ修道院のになった。修道院は、聖マリアと聖母の母に捧げ、同じ名前を持つロンドンの他の多くの教会と区別するために”Overie’(’上の水”)を冠した。元はカトリックの教会だったが、ヘンリー8世_(イングランド王)が自身の離婚問題でクレメンス7世_(ローマ教皇)と対立し、ローマカトリック教会から離脱してイギリス国教会を設立したときに、この教会も改宗した。身廊は13世紀のスタイルで19世紀の復興ですが、現在の建物は、1220~1420年に建設された、主にゴシック様式です。1905年から大聖堂に昇格した。
サザーク大聖堂・wikipedia-photo、サザーク大聖堂の身廊・wikipedia-photo]

サザーク大聖堂 – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がサザーク大聖堂です。

サザーク大聖堂拝廊のストリートビューです。

サザーク大聖堂身廊のストリートビューです。

サザーク大聖堂内陣前のストリートビューです。

サザーク大聖堂祭壇前のストリートビューです。

サザーク大聖堂アプスのストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*