サマセット・ハウス(コートールド・ギャラリー)

マーカーはサマセット・ハウス(コートールド・ギャラリー)です。

サマセット・ハウス
[サマセット・ハウス(英語:Somerset House)はイギリスロンドンテムズ川を望むストランド地区南側にある大規模な建物である。中央部は新古典主義建築で、1776年縲鰀1796年の建築家ウィリアム・チェンバーズによる大規模な建築プロジェクトであった。その後南北に古典主義的なヴィクトリアン・ウィングを増築。もともと同名の建物がこの地に建てられたのは当時より200年以上前のことであった。現在はさまざまな政府関連機関、芸術・教育関連機関が入っており、ロンドン大学付属のコートールド・ギャラリー等がその代表的な例である。 また中庭は冬季、アイススケートのリンクになり、ロンドンの冬の風物詩になっている。
サマセット・ハウスの中庭・wikipedia-photo、クリスマス時期の中庭のスケート・リンク(2004年)・wikipedia-photo  (wikipedia・サマセット・ハウスより)]

コートールド・ギャラリー
[コートールド・ギャラリー (Courtauld Gallery) とは英国ロンドンのウェストミンスター地区にある美術館。厳密にはロンドン大学附属コートールド美術研究所 (Courtauld Institute of Art) の美術館であり、サマセット・ハウス内に設けられている。比較的小規模なギャラリーであるが印象派後期印象派のコレクションは非常に質が高い。
1932年に実業家のサミュエル・コートールド(Samuel Courtauld)のコレクションを元に設立された。コートールドは当時まだあまり注目されていなかった印象派を中心に収集していた。その後いくつかの個人コレクションを加えて現在の形となった。
『聖母子』(1525-1527) パルミジャニーノwikipedia-photo、「『フォリー=ベルジェールの酒場』(1882) エドゥアール・マネ」・wikipedia-photo、「『カード遊びをする人々』 (1892-95) ポール・セザンヌ」・wikipedia-photo、「『ネヴァモア』(1897) ポール・ゴーギャン」・wikipedia-photo、「『アンブロワーズ・ヴォラールの肖像』(1901) ピエール=オーギュスト・ルノワール」・wikipedia-photo  (wikipedia・コートールド・ギャラリーより)]

サマセット・ハウス – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向がサマセット・ハウスです。サマセット・ハウスのストリートビューです。

カメラ南南東方向が、サマセット・ハウスです。

サマセット・ハウス(コートールド・ギャラリー)のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*