サヴィル・ロウ

マーカーはレコード会社アップル・コアです。

サヴィル・ロウ
[サヴィル・ロウ(Savile Row)はロンドン中心部のメイフェアにあるショッピング・ストリート。オーダーメイドの名門紳士服店が集中していることで有名で、日本では「背広」という言葉の語源となったことでも知られている。英語では客の要望に合わせた紳士服を仕立てる店を「ビスポーク・テイラー」というが、これは客に希望を話される(Be spoke)から作られた造語でありサヴィル・ロウ発祥であると言われている。かつてはウィンストン・チャーチル元英国首相やホレーショ・ネルソン元英国海軍提督、ナポレオン3世などの顧客を抱え、チャールズ皇太子など王族も通うことから「golden mile of tailoring」の異名をもつ。通りはコンジット・ストリートとヴィーゴ・ストリートの間をリージェント・ストリートと並行して走っており、バーリントン・ガーデンにつながっている。
ビートルズ
イギリスを代表するバンドであるビートルズが設立したレコード会社アップル・コアの本部がサヴィル・ロウにあり、ビートルズのほかバッドフィンガーメリー・ホプキンなどがこのスタジオでレコーディングを行った。ビートルズとして最後のコンサートとなった『ルーフトップ・コンサート』が行われたのもサヴィル・ロウにあるこのビルの屋上でのことである。
「サヴィル・ロウ」・wikipedia-photo  (wikipedia・サヴィル・ロウより)]

Savile Row – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がレコード会社アップル・コアの旧本部ビルです。

カメラ東北東方向が『サヴィル・ロウ最古のテイラー』であるヘンリー・プールです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*