サーチ・ギャラリー

マーカーはサーチ・ギャラリーです。

サーチ・ギャラリー
[サーチ・ギャラリー (The Saatchi Gallery)はロンドンにある現代美術専門の美術館。2003年の春から2005年秋までの間はサウス・バンクにあり、1986年にマーガレット・サッチャー政権下で廃止されたグレーター・ロンドン・カウンシル(大ロンドン市会)が入居していた、古いロンドン市庁舎(カウンティ・ホール)を使用していた。2006年に一時閉館したが、2008年10月9日にロンドン南西のチェルシー_(ロンドン)地区に新規開館した。ヤング・ブリティッシュ・アーティスト(Young British Artists、略称YBA)と呼ばれる、1990年代に一躍有名になったイギリスの若手アーティストの作品が充実しており、ジェイク・アンド・ディノス・チャップマンダミアン・ハースト、トレイシー・エミン、ロン・ミュエク、サラ・ルーカス、リチャード・ウィルソン、ゲイリー・ヒューム、クリス・オフィリ、レイチェル・ホワイトリード、サム・テイラー=ウッドなどの、刺激的でインパクトのある作品が揃っている。すべてチャールズ・サーチという人物の個人コレクションであり、コレクション数は3000を超えるという。2010年、サーチは自らのコレクションおよびギャラリーを、政府に寄贈することを発表している。「サーチ・ギャラリーが入居するチェルシーにある旧兵舎建物」・wikipedia-photo、「サーチ・ギャラリーが入居するチェルシーのヨーク公邸(旧兵舎建物)」・wikipedia-photo  (wikipedia・サーチ・ギャラリーより)]

[2010年7月1日、イギリスの広告会社「サーチ&サーチ」の創業者で世界でも有数のコレクター、チャールズ・サーチ(67歳)が、引退時に自身が運営するサーチ・ギャラリーをそのコレクションの一部も含め国に手渡すことを発表した。サーチ・ギャラリーは新たにロンドン現代美術館(MOCA London)と名付けられる。時期についてはまだ明らかにされていない。現在詳細は政府と協議中とのことだが、美術館は今後も入場無料を続ける。サーチ・ギャラリーの公立化で、ロンドンにまた新たに公的な現代美術スペースが加わることとなる。  (「サーチ・ギャラリーが、ロンドン現代美術館 (MOCA London) へ」より)]

サーチ・ギャラリー – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向がサーチ・ギャラリーです。

サーチ・ギャラリーエントランス前のカメラです。

サーチ・ギャラリー内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*