シャーロック・ホームズ博物館(ベーカー街221B)

マーカーはシャーロック・ホームズ博物館(ベーカー街221B)です。

シャーロック・ホームズ博物館(ベーカー街221B)
[ベーカー街221B(221B Baker Street)はアーサー・コナン・ドイルの著わしたシャーロック・ホームズシリーズにおいて、主人公のシャーロック・ホームズが住んでいたアパートメントがある住所。独身時代のジョン・H・ワトスンが共同生活をしていた場所でもある。現在ロンドン有数の観光地となっているが、シャーロック・ホームズが活躍していた時代にはベーカー街には221Bは存在せず、85番までしかなかった。1930年にアッパー・ベーカー街がベーカー街と合併して221Bが生まれた。現在シャーロックホームズ博物館が自身の家屋を『本来221番地Bがあるべきところ』であると主張しているが、博物館の所在地は239番地であり、217番地から231番地を占めるアビー・ナショナル住宅金融組合(Abbey National Building Society)の建物であるアビー・ハウス(Abbey House)が221bを内包していることになる。2階の下宿へ昇るための階段は17段だった(「ボヘミアの醜聞」)、向かいに空き家があった(「空き家の冒険」)など、作中の記述から本来の位置をつきとめようとする試みも、シャーロキアンによって続けられている。また、作者が考えていたホームズの下宿のモデルはリージェント・ストリートにあったともいわれている。現在でもベーカー街221B宛のファンレターや調査の依頼の手紙が絶えないとされる。
ベーカー街221B・wikipedia-photo、警官の歩哨付きの玄関・wikipedia-photo、ベーカー街221Bに設置されているプレート・wikipedia-photo、ホームズの下宿の窓・wikipedia-photo  (wikipedia・ベーカー街221Bより)]

シャーロック・ホームズ博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向、ブルー・プラークが掲げられている建物がシャーロック・ホームズ博物館です。

シャーロック・ホームズ博物館ショップのカメラです。

シャーロック・ホームズ博物館内のカメラです。