ジュエル・タワー

マーカーはジュエル・タワーです。

ジュエル・タワー(Jewel Tower)
[ジュエル・タワーは、エドワード3世_(イングランド王)の個人的な財宝を保管するために1365年 – 1366年に建てられた、キングズ・プリビー・ワードローブ(王の秘密の洋服ダンス)として知られています。
ジュエル・タワーは3階建てで、銃眼石造りの建物は、テムズ川に接続した堀によって保護されていました。地上階のヴォールトには、歴史家ジェレミー・アシュビー(Jeremy Ashbee)によって「建築の傑作」として記述された精巧な彫刻が施されています。ジュエル・タワーは、1512年まで、君主の宝と個人所有物を保存するために使用され続けました。
16世紀末に、イギリス貴族院は、議会の書物庫として塔を使用し始め大規模な改良が1621年に行われました。1666年のロンドン大火で焼けなかったウェストミンスターの4つの建物の一つで、1834年まで使用されました。
ジュエル・タワーは1869年 – 1938年まで、新たに組織された標準度量衡局に引き継がれました。その後、1948年、ジュエル・タワーは第二次世界大戦中のダメージを修復して観光資源として一般に開放されました。
21世紀に入って、ジュエルタワーは毎年約3万の訪問者を受け入れ、イングリッシュ・ヘリテッジによって管理されています。
「ジュエル・タワー」・wikipedia-photo]

ジュエル タワー – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向がジュエル・タワーです。

カメラ西方向がジュエル・タワーです。

ジュエル・タワー内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*