ステーブルズ・マーケット

マーカーはステーブルズ・マーケットです。

ステーブルズ・マーケット(Stables Market)
[ここはとにかくスゴい。威圧的な入り口の門をくぐるとそこには2体のメタル巨像が… もはやテーマパークの風格すら漂っているが中に入ればしっかりマーケット。しかもものすごい店の数。ロンドンの観光スポットとして定着しているだけあって、観光客の数もすごい。
ジャンルは全体的にはストリート系の古着を中心としたアパレルマーケットだが、それだけにとどまらずアンティークグッズから家具、雑貨となんでもある印象。中にはフードコートもあり、立派な商業施設だ。
近くにはカムデンマーケットもあり一日では足りない程のショッピングが楽しめるオススメのエリアだ。  (「ステイブルズマーケット | LONDON-MARKET.net」より)]

[カムデン・マーケットを構成する6エリアのひとつ、ステーブルズ・マーケットは食べ物の屋台が多く、ゆっくりくつろげるエリア。以前この場所に馬小屋と馬の病院があったことから馬の像があちこちにあります。  (「Stables Market… – いいね!ロンドン Like! LONDON | Facebook」より)]

[ロンドン北部にあり、1974年辺りにはじまった週末だけの巨大なマーケット。呼び名はカムデン・ロック・マーケット。その後、2004年から2007年にカムデン・ロックに隣接する馬の厩舎を市場にした、ステーブルズ・マーケットが加わり、さらに巨大なマーケットになる。このマーケットは週末いつも賑わっている。いったんステーブルズに入ると、最初は迷子になるほど広い。いろんな物が売ってる。主に服や小物類だけど、家具もある。中古が主だけど、まだ有名ではないデザイナーズものなんかもあったりする。僕はカムデン・ロックのほうの三階建の入り組んだ建物のなかの店々が懐かしい。90年代、しょっちゅうカムデンを訪れてた。一日滞在して楽しめる。食べ物の露店も充実してて、夜はジャズクラブやパブも。地下鉄のカムデン・タウン駅からカムデン・ロックまでの通りの両サイドにも店はいっぱいあるけど、フリーマーケットふうの雰囲気は、ロックに入ってから。  (「カムデン・タウン(ロンドン) – panken*diary」より)]

ザ・ステーブルス・マーケット – Google Map 画像リンク」、「カムデン マーケット – Google Map 画像リンク

カメラ南方向がステーブルズ・マーケット入口です。

ステーブルズ・マーケット入口のストリートビューです。

ステーブルズ・マーケット入口内のストリートビューです。

馬の像前のストリートビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*