スピタルフィールズ・マーケット

マーカーはスピタルフィールズ・マーケットです。

スピタルフィールズ・マーケット(Old Spitalfields Market)
[1638年、ロンドン郊外の新たな人口増に対応するためチャールズ2世_(イングランド王)から建設承認されたマーケット。マーケットの現在の状況は、野菜や果物などの卸し売りは新しいマーケットに移り、スピタルフィールズの西側の再開発が2005年に完了し、ビショップススクエア (Bishops Square) とクリスピンプレイス (Crispin Place) 、2つの新しいエリアが加わり、2006年9月には新しい食料品店とレストランに加え、上質な生鮮食品を販売する新しいファインフードマーケット(Fine Food Market) がオープンした。東側は1887年に建設された状態と、市場としての古い魅力を保持して、数多くの露店と個人商店が軒を連ねています。露店の営業日は土曜日を除く毎日。日曜日は最も大きい市の日です。
「オールド・スピタルフィールズ・マーケット」・wikipedia-photo、「トレーダー・マーケット」・wikipedia-photo]

スピタルフィールズ・マーケット – Google Map 画像リンク

カメラ西方向がスピタルフィールズ・マーケットです。

カメラ北方向がニュー・スピタルフィールズ・マーケット南口です。

ニュー・スピタルフィールズ・マーケット内のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*