スミスフィールド

マーカーはスミスフィールドです。

スミスフィールド
[スミスフィールド(英語:Smithfield、またはタワーハムレッツ・ロンドン特別区にあるイースト・スミスフィールドと区別するためウェスト・スミスフィールド、West Smithfieldとも呼ばれる)とは、シティ・オブ・ロンドンの北西部にある地域のこと。
スミスフィールドの名の由来には、平坦な野原 (Smooth field )が訛ったという説もある。当初は、馬上槍試合などの馬上競技に使用され、貴族をはじめとする都市民たちのレジャーの場所でもあった。1102年にスミスフィールドの地に、ヘンリー1世(在位:1100年 – 1135年)付きの吟遊詩人で道化師だったレヒアによって聖バーソロミュー修道院が建設された。レヒアが修道院を建設したのは、ローマ巡礼中に聖バーソロミューが出現する幻覚を見たのが動機だった。修道院は湿地帯から野原にかけて建てられ、聖バーソロミューの祭日になると周囲に市が開かれた。レヒアは修道院長となったのちも市に出かけて手品などを披露し、修道院建設の基金を集めたといわれる[2]。これがバーソロミューの市として発展し、1538年に修道院が解散されても市は存続した。バーソロミューの市では奇蹟劇、聖史劇、道徳劇などの演劇や、レスリング、演奏、奇術、移動動物園などの見世物も提供された。
家畜市場は10世紀という早い時期に敷地を独占し、ロンドンで最も古い市場のひとつスミスフィールド市場では、800年にわたって肉が売買された。1867年には家畜市場が閉鎖され、1868年に新たにスミスフィールド食肉市場が創設され、古い市場は消滅した。
公開処刑の実施場所として古くから利用されてきた場所でもあり、「ブラッディ・メアリー(Bloody Mary)」(血塗られたメアリー)と呼ばれたローマ・カトリックメアリー1世(在位:1553年 – 1558年)が、プロテスタントの男女、子どもを火あぶりで殺した場所としても知られ、ジョン・フォックスの『殉教者列伝』(FOX’s BOOK of MARTYRS)にそのことが書かれている。
チャールズ・ディケンズの小説『オリヴァー・トゥイスト』に登場した。
現在のスミスフィールド肉市場・wikipedia-photo  (wikipedia・スミスフィールドより)]

[食肉市場と隣り合うビクトリア式建築の総合市場は、再開発の対象とされたものの計画が相次ぎ頓挫し、大部分が数年前から放置されている。しかし、今週初めにロンドン市自治体(City of London Corporation)への売却が決まり、改築後にロンドン博物館(Museum of London)が移転してくる見通しとなった。  (「ロンドン史の一端、イブ恒例の肉の競り売り 今年で見納め?」より)]

スミスフィールド・マーケット – Google Map 画像リンク

カメラ西方向がスミスフィールドです。

カメラ北北西方向がスミスフィールドの中央通路です。

スミスフィールド構内中央通路のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*