セント・キャサリン・ドッグ

マーカーはセント・キャサリン・ドッグです。

セント・キャサリン・ドッグ(St Katharine Docks)
[聖キャサリン教会の教区2000世帯が立ち退いて建設され、1828年、ヴィクトリア朝時代にロンドンの主要な埠頭として建設され、その当時は世界中から贅沢品を荷揚げする船で活況を呈しました。しかし狭小のため、1968年に閉鎖され、1970年代初期に再開発され現代の マリーナとなった。この再開発は都市再開発の成功のモデル例とされた。]

[入り組んだ場所にあるため、観光スポットが多くある地域のわりには秘境的な場所。10世紀、エドガー_(イングランド王)が13人の騎士にこの土地を与えたのを期に建物が立ち並び貿易などが始まりました。エリザベス朝時代にキャサリン・ダックという名前が使われ始め、18世紀には、3000人が住むほど豊で栄えていました。 産業革命を期に、新しく大きなダック(船着き場)が建設され、一時は、廃れてしまったんです。でも、その後、国際的なオフィスや住居が入り、おしゃれなお店やレストランなどもでき今のような優雅な雰囲気が形成されたんです。  (「ロンドン観光旅行ガイド ロンドンナビ」より)]

St. Katharine Docks Drawbridge & Locks – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向がセント・キャサリン・ドッグです。

カメラ東南東方向がセント・キャサリン・ドッグです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*