セント・パンクラス駅

マーカーはセント・パンクラス駅です。

[Google アートプロジェクト] – 「セント・パンクラス駅

セント・パンクラス駅
[セント・パンクラス駅(英語:St Pancras station)は、イギリスロンドンの主要ターミナル駅のひとつ。ロンドンからレスターシェフィールドリーズなどのイングランド中東部へ向かうナショナル・レールの列車が発着するほか、パリブリュッセルから国際列車ユーロスターも乗り入れている。ヨーロッパ大陸と結ばれたことから駅名にSt. Pancras Internationalと言うブランド名が付けられている。当駅は、ミッドランド鉄道のターミナルとして1868年に開業した。駅舎には高い時計塔があり、宮殿のようなヴィクトリア朝ネオ・ゴシック建築は、セントパンクラス・チャンバーズと呼ばれ、ジョージ・ギルバート・スコット卿の設計によるものである。ホームの全長210メートルの大屋根はウィリアム・バーロー設計である。この大屋根は後にユーロスターの乗り入れに合わせて拡張されている。西側から、イースト・ミッドランズ鉄道用の1-4番線、ユーロスター用の5-10番線、オリンピックジャベリン用の11-13番線、地下に2線の全部で15線ある頭端式の駅である。近くには、キングス・クロス駅、およびロンドン地下鉄キングス・クロス・セント・パンクラス駅があり、これら三駅間の徒歩移動に便利なようにコンコースが設置されている。
ユーロスターは、開業以来ロンドン側のターミナルをウォータールー駅としていたが、途中区間で在来線を走行するために、イギリス国内で速度が上げられないことが課題となっていた。そこで、専用の高速新線(CTRL)を建設し、ロンドン側を当駅に接続することが決定された。この工事の2期区間が完成したため、2007年11月14日より当駅がユーロスターのロンドン側ターミナルに変更され発着するようになっている。
セント・パンクラス駅(ユーストン・ストリートから見る)・wikipedia-photo、イースト・ミッドランズ鉄道のプラットホーム・wikipedia-photo、停車中のユーロスター・wikipedia-photo、「イースト・ミッドランズ・トレインズのダービー行きのクラス222メリディアンが出発のため止まっている」・wikipedia-photo  (wikipedia・セント・パンクラス駅より)]

[ヴィクトリア朝ネオ・ゴジック建築の高貴な外観を持ち、まるで宮殿かと見紛う豪華な雰囲気のこの駅には、パリ、ブリュッセルなど欧州大陸への国際列車「ユーロスター(Eurostar)」をはじめ、ケント州への高速鉄道「サウスイースト・ハイスピード(Southeast Highspeed)」、そしてイングランド中東部、ロンドン近郊への通勤列車が発着しています。
鉄道駅としての機能はもとより、ロンドン中心部の代表的なショッピングモールとしても親しまれています。
※プラットホーム5-10=ユーロスター乗り場
ここを走り抜け、英国とフランス、ベルギーを結んでいるのが国際特急「ユーロスター」です。以前はウォータールー(Waterloo)駅から発着していたのですが、速度的な問題から英国に上陸すると時速80キロほどでのんびり走るしかありません でした。そこで新たにロンドンからユーロトンネルの入口まで高速鉄道線「ハイスピードワン(HS1)」を建設。2007年11月14日から、セントパンクラスが発着駅となっています。
ユーロスターの駅はまるで空港のようになっています。専用改札口を抜けると、まず最初に設けられているのはフランス側の入国審査場です。列車に乗る前に、 大陸側の入国検査を終えてしまうシステムとなっています。そのためユーロスターに乗る際は、発車45分前までに改札を抜けねばなりません。
※プラットホーム11-13=サウスイースト・ハイスピード乗り場
HS1を使って、ロンドンとケント州を結ぶ高速鉄道「サウスイースト・ハイスピード」が運行されています。高速列車はセントパンクラスからしばらくHS1を走るのですが、途中から在来線への乗り入れを行っており、ケント州の小さな街へも直行することができます。港町・ドーバーや、世界遺産の大聖堂があるカンタベリーなどが主な目的地です。
なお、サウスイースト・ハイスピードに乗るためには専用のチケットが必要です。  (「セント・パンクラス国際駅 – ロンドンナビ」より)]

St Pancras station – Google Map 画像リンク」「セント・パンクラス駅 – Google Map 画像リンク

カメラ北北身西方向が、セント・パンクラス駅南口です。

カメラ北北西方向先がセント・パンクラス駅国際列車ホームです。

セント・パンクラス駅国際列車ホーム・ユーロスター用の5-10番線南端にあるポール・デイ(Paul Day・2007年)作・高さ9メートルの”The Meeting Place”(集合場所)という巨大ブロンズ像前のカメラです。
(「集合場所 、 セントパンクラス駅 、ロンドン」・wikipedia-photo、「集合場所 、セントパンクラス駅、2013」・wikipedia-photo)

カメラ位置はセント・パンクラス駅国際列車ホーム・ユーロスター用の5-10番線サイドで、カメラ方向のブロンズ像は、マーティン·ジェニングス(Martin Jennings)作のセント・パンクラス駅の保存に貢献した、イギリスの詩人・ジョン・ベッジュマン(John Betjeman)です。また、カメラ方向左上空には”Fiures on Cloud”が設置されています。

カメラ北東方向がセント・パンクラス駅西口です。

カメラ南西方向がセント・パンクラス駅東口です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*