ダウニング街10番地

マーカーはダウニング街10番地です。

[Google アートプロジェクト] – 「ダウニング街10番地」(ヘッダー画像右下のペグマンをクリックするとストリートビューが表示されます。)

ダウニング街10番地
[ダウニング街10番地(英語: 10 Downing Street)はイギリスの首相官邸の所在地である。ナンバー10(Number 10)と呼ばれることが多く、官邸またはイギリス政府を指す意味でも使われる。厳密には首相官邸ではなく、首相が兼務している第一大蔵卿官邸。国会議事堂や官庁の立ち並ぶウェストミンスター地区にある。現在の建物は3階建てで、「10」とだけ書かれた玄関の扉が有名である(国有資産なので個人の表札は付けられない)。建物の上層階には首相家族の居住スペースがあり、日本で言う首相公邸としての役割も持っている。隣接する11番地は財務大臣公邸、その更に隣の12番地は院内幹事長公邸として使われている。邸宅前の通りは、マーガレット・サッチャー政権以前は普通の道路として一般車両も通行できたが、現在は警備上の問題から封鎖され、関係者以外は排除されている。1682年、ジョージ・ダウニング(貴族院 (イギリス)議員でケンブリッジ大学ダウニング・カレッジ創設者)が周辺の土地を購入し、ダウニング街を開発した。1732年、初代首相ロバート・ウォルポール卿が時のジョージ2世_(イギリス王)に与えられたダウニング街の邸宅に住み始めて以来、一時期を除いて歴代首相の官邸として使用されている。
ダウニング街入り口に設置された鉄柵・ファイル:Downing_Street,_London.jpg  (wikipedia・ダウニング街10番地より)]

ダウニング街10番地 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向がダウニング・ストリートで、この通り右にイギリス首相公邸があります。

カメラ北方向がイギリス首相公邸です。