チェルシー橋

マーカーはチェルシー橋です。

チェルシー橋(Chelsea Bridge)
[チェルシー橋は、ロンドン西部のテムズ川に架かる橋で、北岸のチェルシーと南岸のバタシーを繋いでいます。古代のフォード(Ford洗い越し)だった場所に2つのチェルシーブリッジがありました。
最初のチェルシーブリッジは、テムズ川の南岸にある湿地帯が新しいバッターシー・パーク(Battersea Park)に発展したことの一環として、1840年代に提案されました。それは人口の多い北岸から新しい公園への便利なアクセスを提供することを意図した吊り橋でした。政府によって建設、運営されていましたが、橋の費用を取り戻すために当初は通行料が請求されました。 近くのチェルシー堤防(Chelsea Embankment)での作業により建設が遅れたため、最初はビクトリア橋と呼ばれていた橋は1858年まで開通しませんでした。建築的には好評でしたが、有料橋として一般市民に不人気であり、議会は日曜日に無料にすることを義務付けられました。この橋は、近くに新しく建設されたアルバート橋との競争のために、予想されていたよりも商業的に成功しませんでした。これは1877年にメトロポリタン・ボード・オブ・ワークス(Metropolitan Board of Works)によって取得され、通行料は1879年に廃止されました。
橋は狭く、構造的に不安定であり、当局は王室の崩壊の可能性との関連を避けるためにチェルシー橋と改名しました。1926年、人口の増加と自動車の導入によるユーザーの増加により、古い橋を再建または交換することが提案されました。1934年から1937年の間に解体され、現在の構造に置き換えられ1937年にオープンしました。
新しい橋はイギリスで最初の自己固定式吊り橋であり、大英帝国内から調達された材料で完全に建設されました。1950年代初頭には、橋を渡って定期的にレースを開催するモーターサイクリストに人気がありました。1970年のそのような会合の1つが暴力に発展し、1人の男性が死亡し、20人が投獄されました。
チェルシーブリッジは暗闇の時間帯にタワーとケーブルが936フィート(285 m)の発光ダイオードで照明され下から投光照明されます。
2008年には、イギリス指定建造物Grade IIに指定されました。
2004年には、南側の橋の下に小さな橋Battersea Footbridgeが開通し、主橋の下にテムズ川の小道(Thames Path)があります。
チェルシー橋・wikipedia-photo、「自己固定式であるロンドン独自の橋には、固定支台がありません。」・wikipedia-photo、「自己固定式の橋として、吊り下げケーブルは直接デッキに接続し、地面に伸びません。」・wikipedia-photo、「4車線の新しい橋の車道は、前の車道よりもはるかに広い。」・wikipedia-photo、チェルシーブリッジのランプポストにバタシーのメトロポリタン自治区の紋章・wikipedia-photo、チェルシーブリッジのイルミネーション・wikipedia-photo、チェルシーブリッジの下にあるバタシーフットブリッジ・wikipedia-photo]

チェルシー橋 – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がチェルシー橋です。

チェルシー橋上のカメラです。

南側の橋の下・小さな橋Battersea Footbridgeのカメラです。

テムズ川の小道(Thames Path)のカメラです。