ロンドンアイ埠頭

マーカーはロンドンアイ埠頭です。

ロンドンアイ埠頭(London Eye Pier)
[この桟橋はBeckett Rankineによって設計され、ロンドンアイの衝突保護システムとして主に機能しています。Tilbury Douglas(現在Interserve)によって建設されました。
ロンドンアイ埠頭の開発は、テムズ2000プロジェクトの一環としてミレニアム委員会(Millennium Commission)が資金を調達したものであり、2000年にはテムズ川委員会によって開設された5つの新しい埠頭の1つであった(他はブラックフライアーズミレニアム埠頭、ウエストミンスター・ミレニアム埠頭、タワーミレニアム埠頭とミルバンク・ミレニアム埠頭)。その創設は、ロンドンのクロスリバーパートナーシップが率いるテムズ川の統合された輸送と再生戦略の一環として、プロジェクトによって資金提供されました。
ロンドンアイ埠頭・wikipedia-photo]

カメラ東方向ロンドンアイの前がロンドンアイ埠頭です。