テート・モダン美術館

マーカーはテート・モダン美術館です。

[Google アートプロジェクト] – 「テート・モダン美術館」(ヘッダー画像右下のペグマンをクリックするとストリートビューが表示されます。)

テート・モダン美術館(バンクサイド発電所・Bankside Power Station
[テート(テイト)・モダン(Tate Modern 発音例)はイギリスロンドンテムズ川畔、サウス・バンク地区にある国立の近現代美術館。テート・ブリテンなどとともに、国立美術館ネットワーク「テート・ギャラリー」(”Tate”)の一部をなしている。入場無料。テート・モダンは以前「バンクサイド発電所」だった建物を改造している。もともとの発電所は、イギリスの赤い電話ボックスやバターシー発電所の設計で有名なサー・ジャイルズ・ギルバート・スコットの設計によるもので、99mの高さの煙突をもち、1947年と1963年の二度に分けての工事で完成したものである。テムズ川をはさんで向かいは金融街シティ・オブ・ロンドンで、セント・ポール大聖堂が聳え立つなど立派な街並みであるが、南側のサウス・バンク_(ロンドン)は長年ロンドンの裏方的な存在の工場・倉庫街であり、この発電所も戦災復興の際にロンドンの電力不足を解消するために急遽建てられたものだった。発電所は1981年に閉鎖され、変電所の機能だけが残るほかは役目を終えた廃墟となっていた。一方、テムズ川上流のミルバンク地区にある「テート・ギャラリー(現テート・ブリテン)」はイギリス美術および世界の近代・現代美術の美術館として運用されていたが、展示・収蔵スペースの不足に悩まされたため、1980年代にスペース拡充と役割分担のため近現代美術館の機能を新しい建物に移す計画が立てられた。建物の新築費用と場所が最大の問題であったが、理事会は偶然にもシティの対岸の荒廃した地区に発電所建物を見出し、これを改造して再利用することになった。安藤忠雄などが参加した建築設計競技の結果、スイスの新鋭建築家コンビ、ヘルツォーク&ド・ムーロンが勝利した。発電機のあった巨大なタービン・ホールを大エントランスホールにして、屋上に採光窓やレストランなどのあるガラス張りのフロアを設けるなどの工事が行われ、2000年の5月12日、ミレニアムを祝う新施設の一つとしてオープンして以来、ロンドンっ子や観光客に非常に人気のあるスポットとなっている。
「テート・モダン」・wikipedia-photo、「ミレニアム・ブリッジから見たテート・モダン」・wikipedia-photo、「テート・モダン全景」・wikipedia-photo、「テート・モダンの7階建て、3,400平方メートルのエントランス『タービン・ホール』。かつて発電機があった場所。」・wikipedia-photo、「テート・モダン最上階のレストランより、テムズ対岸のシティ・オブ・ロンドンの眺め」・wikipedia-photo、テート・モダンの煙突。頂上の「スイス・ライト」(Swiss Light)はスイス政府の援助で、マイケル・クレイグ=マーティンと建築家ヘルツォーク&ド・ムーロンによりデザインされた。」・wikipedia-photo  (wikipedia・テート・モダンより)]

テート モダン – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がテート・モダン美術館(バンクサイド発電所)です。

テート・モダン美術館エントランス『タービン・ホール』のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*