ドルリー・レーン

マーカーは(カメラ位置-2)です。

ドルリー・レーン
[ドルリー・レーン(Drury Lane)は、ロンドンコヴェント・ガーデン地区の東の境界を成している通りで、オールドウィッチとハイ・ホーボーン(英語版)の間に伸びている街路。北側はカムデン・ロンドン特別区に、南側はシティ・オブ・ウェストミンスターに入る。
この通りは、19世紀後半にオールドウィッチ通りとして再開発されたウィッチ・ストリート(英語版)の西端から始まる。そして、エリザベス1世の時代にガーター騎士団の一員であったサー・ウィリアム・ドルリーが建てた家へと向かっていく。正面に馬車置き場、背後に庭園を備えたドルリー・ハウス(英語版)は、女王の寵臣であったエセックス伯による、失敗に終わった謀反の陰謀の現場であった。17世紀には、クレイヴン伯のロンドンの邸宅となり、その後はボヘミア王妃エリザベス・ステュアートを看板にしたパブとなっていた。しかし、18世紀になると、ドルリー・レーンはロンドンでも最悪のスラムと化し、もっぱら売春と、ジン酒場の通りになっていた。一帯は最終的にはキングスウェイオールドウィッチの開発に場所を空けるため、結局のところ一掃された。
この通りの名前は、しばしば当地にあるシアター・ロイヤルのことを指して用いられるが、現在の建物になる前の17世紀から、この場所には劇場が存在していた。ドルリー・レーンにはニュー・ロンドン・シアター(英語版)も立地している。
ドルリー・レーン173番地には、今日ではイギリス最大の小売業者となっているセインズベリー(英語版)の最初の小売店があった。この店は1869年に開店していた。
「ロング・エーカー通りからオールドウィッチ方向を南向きに眺めたドルリー・レーン。」・wikipedia-photo、「ドルリー・レーンにあるオックスファムの店。」・wikipedia-photo  (wikipedia・ドルリー・レーン_(ロンドン)より)]

カメラ位置はオールドウィッチ接続点で、カメラ北西方向がドルリー・レーンです。(カメラ位置-1)

カメラ南西方向がオックスファムの店で、カメラ東方向がニュー・ロンドン・シアターです。(カメラ位置-2)
[キャッツ_(ミュージカル)は、トレヴァー・ナンによる演出で、1981年5月11日にロンドンウエストエンドのニューロンドン劇場で初演された。]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*