ナショナル・ギャラリー

マーカーはナショナル・ギャラリーです。

[Google アートプロジェクト] – 「ナショナル・ギャラリー」(ヘッダー画像右下のペグマンをクリックするとストリートビューが表示されます。)

ナショナル・ギャラリー
[ナショナル・ギャラリー(英: National Gallery)はイギリスロンドントラファルガー広場に位置する美術館。1824年に設立され、13世紀半ばから1900年までの作品2,300点以上を所蔵している。登録適用除外チャリティ の一つで、文化・メディア・ スポーツ省 の非省公共団体 である。そのコレクションは大衆に広く公開されており、特別な企画展示をのぞいて入館は無料となっている。
ナショナル・ギャラリーは、コレクションの基礎が王室や貴族のコレクションの由来ではないという点で、ヨーロッパでもあまり例のない美術館となっている。コレクションの基礎となったのは、保険ブローカーで美術後援家だったジョン・ジュリアス・アンガースタインが収集していた38点の絵画である。初期のコレクションは個人からの寄付によって、チャールズ・ロック・イーストレイクをはじめ、その当時の館長たちが購入したものが3分の2を占めている。その結果、他のヨーロッパ諸国の国立美術館と比べてコレクション数は多くはないが、西洋絵画が大きな革新を見せた「ジョットからセザンヌまで」美術史上重要な絵画が収蔵されている。常設展示されているコレクションが少ないとされたときもあったが、現在ではそのようなことはなくなっている。
現在の建物は三代目のもので、1832年から1838年にかけて建築家ウィリアム・ウィルキンス がデザインした。その後ナショナル・ギャラリーは少しずつ拡張されていったため、現在ではトラファルガー広場に面するファサードだけが唯一当時の面影を残している。ウィルキンスのデザインにしたがって建設された当時の建物は、美的センスに欠けている、手狭であると酷評されたこともあった。事実建物が手狭で収蔵に限界があったため、1897年にイギリス美術専用の分館ナショナル・ギャラリー・オブ・ブリティッシュ・アート(現在のテート・ブリテン)が開設されている。1991年に西側に増築されたロバート・ヴェンチューリとデニス・スコット・ブラウンの設計によるセインズベリー棟はイギリスを代表するポストモダン建築となっている。
「ナショナル・ギャラリー」・wikipedia-photo、「ナショナル・ギャラリーの鳥瞰画像(2006年4月)」・wikipedia-photo
ナショナル・ギャラリーが最初に増改築されたのは1860年から1861年にかけてで、建築家ジェームズ・ペネソーン (en:James Pennethorne) による改築だった。
建築家エドワード・ミドルトン・バリー (en:Edward Middleton Barry) が1872年から1876年にかけて、最初に大規模なギャラリーの増改築を担当することになった。色鮮やかな新ルネサンス様式 (en:Neo-Renaissance) でデザインされており、バリー・ルームと呼ばれる大きな八角形の部屋を中心としたギリシア十字を模した設計となっている。悪評高かったウィルキンス設計のギャラリーを補ったバリーの増築だったが、ナショナル・ギャラリーの職員からの評価は低かった。壮大な外観はギャラリーの本来の目的である絵画を展示する場所という機能とは相いれず、さらに室内を飾り立てることが将来の絵画購入資金を圧迫すると考えられたのである。例えば、15世紀から16世紀のイタリア絵画が展示されていた部屋の天井には装飾や天井画ではなく、19世紀のイギリス人芸術家たちの名前が彫られていただけだった。このような不評もあったが、バリー・ルームはギャラリーの展示計画の中心となった。
バリーのデザインは、その後の数世紀にわたるギャラリー増改築の際に踏襲され、その結果現在のナショナル・ギャラリーは全体として調和のとれたデザインとなっている。「バリー・ルーム(1872年 – 1876年)、E.M.バリー設計」・wikipedia-photo
ペネソーンが増築したギャラリーは、ジョン・テイラー (en:John Taylor (architect)) が中央エントランスから北へギャラリーを増築する際に取り壊されている。ガラスのドームを持ったエントランスホールは、以前バリー・ルームの装飾も手がけたインテリア・デザイナーのジョン・ディブリ・クレイス (John Dibblee Crace) が天井画を描いている。南側の壁に絵がかかれる予定だったフレスコ画は完成しておらず、現在のその壁にはフレデリック・レイトン (en:Frederic Leighton, 1st Baron Leighton) が所有していた、ゴシック期イタリア人画家チマブーエの絵画が、1990年代から王室コレクションより貸与されて飾られている。「ステアケース・ホール(1884年 – 1887年)、ジョン・テイラー設計」・wikipedia-photo
近年ナショナル・ギャラリーに加えられた増改築でもっとも重要な建物はセインズベリ棟である。アメリカ人建築家ロバート・ヴェンチューリと北ローデシア出身の建築家デニス・スコット・ブラウン (en:Denise Scott Brown) がポストモダン建築様式で設計し、ルネサンス絵画を展示するギャラリーとして1991年に完成した。
トラファルガー広場側から見たセインズベリ棟・wikipedia-photo  (wikipedia・ナショナル・ギャラリー_(ロンドン)より)]

ナショナル・ギャラリー平面図

ロンドンのナショナル・ギャラリーを完全攻略。必見の絵画10

ナショナル・ギャラリー – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向がナショナル・ギャラリーです。

ステアケース・ホール(1884年 – 1887年)、ジョン・テイラー設計

カメラ位置はステアケース・ホールに接続するCentral Hall。左がジョヴァンニ・バッティスタ・モローニ(Giovanni Battista Moroni)作・『A Knight with his Jousting Helmet』(1554年8月頃)、右がMoretto da Brescia作・『男の肖像』(1526年)

12室 – ロレンツォ・ロット作・ルクレティアに扮した女性の肖像(1533年)

11室 – Joachim Beuckelaer作・4つの要素シリーズの内Fire – キッチンのシーン、マーサの家のイエスと背景のマリア
右にAir、左にEarth、対面にWaterがあります。

5室

4室 – ナショナル・ギャラリー『大使たち』(1533年 ハンス・ホルバイン)前のカメラです。

10室

9室 – パオロ・ヴェロネーゼ作・左『セントヘレナの夢』(1570年頃)、右『アレクサンドロス大王の前に出たダレイオスの家族』(1565年 – 1570年 )

9室 – パオロ・ヴェロネーゼ作・左から『愛の寓意 – 不信』(1575年頃)、『愛の寓意 – 侮蔑』(1575年頃)、『愛の寓意 – 尊重』(1575年頃)、『愛の寓意 – 幸せな結婚』(1575年頃)

15室 – 『海港 シバの女王の上陸』(1648年 クロード・ロラン

36室 – バリー・ルーム(1872年 – 1876年)、E.M.バリー設計

41室 – ファン・ゴッホ作・右『ひまわり』(F454、ひまわりの数・15本、制作時期・1888年8月、参考 – ファン・ゴッホ自身が気に入った「12本のひまわり」(ミュンヘン作品)をもとに制作した4番目の作品とされる。)、左『ファン・ゴッホの椅子』(制作時期・1888年11月)