ハロッズ

マーカーはハロッズです。

ハロッズ
[ハロッズ (Harrods) はロンドン中心部のナイツブリッジ、ブロンプトン・ロードに面して店舗を有する高級百貨店。ナイツブリッジの店舗は4.5エーカー(18,000m²)の敷地に100万平方フィート(92,000m²)以上の店舗面積を有している。そのモットーはOmnia Omnibus Ubique – 「あらゆる商品を、あらゆる人々へ、あらゆる場所へ」。クリスマス限定の店舗や食料品売り場はその商品の豊富さで知られている。最寄りのロンドン地下鉄駅はナイツブリッジ地下鉄駅である。
ハロッズの歴史はヴィクトリア朝時代のイーストエンド・オブ・ロンドンにさかのぼる。1835年、茶を扱う貿易商チャールズ・ヘンリー・ハロッドがステップニーの自宅向かいに小売店を始めた。ハロッドはコレラの流行を心配しており、ナイツブリッジの店舗を手放したがっている人物がいると知ると彼の店舗を買い取って1849年にブロンプトン・ロードにおいて営業を開始した。当時この地区はシティほどは賑わっておらずロンドンの中心とはいいかねる場所であった。その後ウェストミンスターに接するナイツブリッジに人気が集まるようになるとハロッズは周囲の敷地を買収して大店舗となっていった。1861年に父の引退によって息子のチャールズ・ディグビー・ハロッドが経営の指揮を執るようになった。1883年には建物で火災が起き、これを機として店舗は大規模に改装された。1889年にチャールズが死去すると株式が公開された。1959年にイギリスの企業ハウス・オブ・フレイザーによって買収され、さらに1985年にモハメド・アルファイドの兄弟によって6億1500万ポンドで買い取られた。2010年にカタール政府系の投資ファンドによって推定約15億ポンドで買い取られた。
ハロッズ・wikipedia-photowikipedia-photowikipedia-photo、”Innocent Victims” (2005)・wikipedia-photo、1909年のハロッズ・wikipedia-photo (wikipedia・ハロッズより)]

カメラ東方向がハロッズです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*