ハンプトン・コート宮殿

マーカーはハンプトン・コート宮殿です。

ハンプトン・コート宮殿
[ハンプトン・コート宮殿(Hampton Court Palace)は英国ロンドン南西部、リッチモンド・アポン・テムズ・ロンドン特別区にある旧王宮。宮殿はチャリング・クロスの南西11.7マイル(18.9km)、ロンドン中央部から見てテムズ川の上流に位置する。 宮殿は主要な観光名所として、一般公開されている。宮殿の庭園は、毎年開催される「ハンプトン・コート宮殿フラワー・ショー」の会場となる。
歴史
聖ヨハネ騎士団は、この地で1236年以来、荘園を開いていた。1505年、侍従長のサー・ジャイルズ・ドーベニー(Sir Giles Daubeney)は、資産を貸し出し、ヘンリー7世(在位:1485年 – 1509年)を楽しませるために使った。ヘンリー8世(在位:1509年 – 1547年)は、英国周辺にハンプトン・コートと同じスタイルの宮殿を49造ったが、すべて現存していない。当時のヨーク大司教であり王の主任公使だったトマス・ウルジーは、1514年に賃貸を引き継ぎ、翌1515年から1521年の7年間にかけて、14世紀のマナ・ハウスを再建して、現在の宮殿の基礎を作り上げた。トマス・ウルジーはたいへんな浪費家で、ハンプトン・コートに英国一すばらしい宮殿を作ったが、ヘンリー王が嫉妬したため王に宮殿を「進呈」した。宮殿は1525年のあたりには、ウルジーの支配者ヘンリー8世が使用していたが、枢機卿は1529年までそこに住み続けていた。ヘンリー王は宮殿に、大ホールとロイヤル・テニス・コート(https://goo.gl/maps/NJVpnbMrLyK2)を付け加えた。大ホールは、イギリスの君主によって作られたものとしては中世最後のものである。テニス・コートは現在でもコート・テニスの試合に使用されるが、これは現代のテニスとは異なるものである。ウィリアム3世(在位:1689年2 – 1702年)とメアリー2世女王(在位:1689年 – 1694年)の共同統治の時代、ヘンリー王が建てた部分は破壊され、新しい翼が建て増しされた。ジョージ2世(在位:1727年 – 1760年)と王妃キャロライン・オブ・アーンズバックの時代にはさらなる改築が行われ、ウィリアム・ケントなどの建築家が招かれて新しく家具をデザインした。 女王の居室、浴室、寝室、個人用教会は現在も一般公開されている。
迷路園
ハンプトン・コートには、世界的に有名な「ハンプトン・コート宮殿の迷路園」がある。1689年から1695年のいずれの年かに、ジョージ・ロンドンとヘンリー・ワイズによってウィリアム3世のために植栽されたもので、規模は3分の1エーカー(1300平方m)、半マイル(800m)の散歩道を含んでいる。現在のデザインは、トマス・ウルジー卿のために植えられた初期の迷路とは違っている。オリジナルはシデの木が植えられていたが、補修の際には異なった様々な種類の木が生け垣に用いられた。
「ハンプトン・コート宮殿に翻るユニオン・ジャック」・wikipedia-photo、外苑から内苑への入り口に建つ時計塔・wikipedia-photo、西のファサード・wikipedia-photo、東のファサードと庭園・wikipedia-photo、「クリストファー・レンによる南正面」・wikipedia-photo、ウェールズのドラゴン・wikipedia-photo、「クリストファー・レンのデザインによるメアリー女王の寝室」・wikipedia-photo、ヘンリー8世の頃の台所・wikipedia-photo、庭園・wikipedia-photowikipedia-photo  (wikipedia・ハンプトン・コート宮殿より)]

イギリスで訪ねた庭レポート vol.9 ハンプトン・コート・パレス …

Official Ticket Office, Hampton Court Palace – Google Map 画像リンク」、「ハンプトン・コート・パレス – Google Map 画像リンク」、「王立裁縫学校 – Google Map 画像リンク」、「Royal Tennis Court, Hampton Court – Google Map 画像リンク」、「Rose Garden Hampton Palace – Google Map 画像リンク」、「The Great Fountain Garden – Google Map 画像リンク」、「Privy Garden – Google Map 画像リンク」、「The Pond Gardens – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向がハンプトン・コート宮殿です。

ハンプトン・コート宮殿ゲート前のカメラです。宮殿ゲートを向けるとベース・コート(外苑)です。

ハンプトン・コート宮殿ベース・コート(外苑)のカメラです。カメラ東方向が時計塔で、時計塔を抜けるとクロック・コート(内苑)です。また、カメラ南方向の棟の北側にヘンリー8 世のキッチン(Henry VIII’s Kitchens・https://goo.gl/maps/8J5qMXFLBtJ2 )があります

ハンプトン・コート宮殿クロック・コート(内苑)のカメラです。時計塔のクロック・コート(内苑)側の時計は天文時計になっています。また、カメラ北方向がグレイト・ホールで、カメラ東方向塔先にはファウンテン・コート(Fountain Court)があります。ファウンテン・コート(Fountain Court)北棟の隣にチャペル・ロイヤルがあり、チャペル・ロイヤルに面してチャペル・コート(https://goo.gl/maps/mBP2Lu85Kw42)があります。

ハンプトン・コート宮殿グレイト・ホールのカメラです。

近衛兵室

カメラ位置はハンプトン・コート宮殿グレート・ファウンテン・ガーデン(Great Fountain Garden)です。

カメラ位置はハンプトン・コート宮殿プリヴィー・ガーデン(Privy Garden)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*