パディントン駅

マーカーはパディントン駅です。

パディントン駅
[パディントン駅 (Paddington Station) あるいはロンドン・パディントン駅 (London Paddington) は、イギリスの首都ロンドンパディントン地区にある、ナショナル・レールロンドン地下鉄の鉄道駅である。
ナショナル・レールのパディントン駅はブリストルバースウェールズ南部、コーンウォール方面への長距離列車とオックスフォードやロンドン西部への近郊路線を運行するグレート・ウェスタン・レールウェイおよびヒースロー空港とを結ぶヒースロー・エクスプレスのターミナルである。2005年夏に、イーリング・ブロードウェイ駅などの途中駅を経由してヒースロー空港に向かうヒースロー・コネクトの運行が開始された。チルターン・レイルウェイズも僅か1往復ながら乗り入れている。
ロンドン地下鉄のパディントン駅は、ハマースミス&シティー線ディストリクト線サークル線ベーカールー線が乗り入ている。ハマースミス&シティー線のプラットホームは他の3線の駅とは離れたナショナル・レール駅の北側の地上部に位置している。
パディントン駅は1854年に開設された。駅舎はイザムバード・キングダム・ブルネルにより設計された。それを記念して駅のコンコースにはブルネルの像が置かれている。駅舎の細かな部分についてはブルネルの仲間であったマシュー・ディグビー・ワイアットによって設計されている。ホームの屋根は錬鉄の柱に支えられた3連のガラス屋根になっている。それぞれの屋根の幅は20.7m、31.2m、21.3mで、長さは213mある。
1906年から1915年の間に駅は拡張され、北側に幅33mの四つ目のガラス屋根がそれ以前のものに平行して加えられた。
マイケル・ボンドの児童文学作品のキャラクター『くまのパディントン』の名は、彼がパディントン駅で見つけられたことに由来する。現在、駅構内には『くまのパディントン』の銅像がある。また、『きかんしゃトーマス』の原作である『汽車のえほん』に登場するキャラクターである「機関車ダック」は、12巻2話『ゴードン、ロンドンへ』において、以前はパディントン駅で働いていたと語っている。なお、この話は映像化はされていない。
アガサ・クリスティーエルキュール・ポワロシリーズの『プリマス行き急行列車』では、犯行現場となるのが同駅発の列車である。ミス・マープルシリーズの『パディントン発4時50分』でも、同駅発の列車が物語の舞台のひとつとなっている。
パディントン駅・wikipedia-photo、くまのパディントンの銅像・wikipedia-photo  (wikipedia・パディントン駅より)]

ヒースロー・エクスプレス | ロンドンナビ

パディントン駅 – Google Map 画像リンク」「The Great Western Railway War Memorial – Google Map 画像リンク」「Paddington Station – Google Map 画像リンク

カメラ位置はPraed Stで、カメラ北西方向奥がパディントン駅口です。

カメラ位置はパディントン駅口付近のコンコースです。

カメラ位置はパディントン駅コンコースです。

パディントン駅プラットホームのカメラです。

カメラ位置はPraed Stで、カメラ南東方向がパディントン(地下鉄)駅口です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*