ビリングスゲート・マーケット

マーカーはビリングスゲート・マーケットです。

ビリングスゲート・マーケット
[ビリングズゲート魚市場の現在の所在地は、東ロンドンのウォーターフロント再開発地域、ドックランズ地区である。もともとはロワー・テムズ・ストリート(Google Maps)にあった旧ビリングズゲート魚市場を、このドックランズに移転させる、1千百万ポンドをかけた大プロジェクトが敢行されたのは32年前のこと。旧市場を1982年1月16日に閉鎖し、3日後の1月19日にビリングズゲートの名はそのままに、新たにここでオープンした。ちなみに、ビリングズゲートの名前の由来は正確にはわかっていないが、荷揚げに使われていたシティ南側の水門の持ち主だったと思われる人物「Billing」氏から取られたという説と、伝説の古代英国王「Belin」(紀元前400年頃在位)にちなんだものという説とがあるという。
移転当時はまだ、ドックランズ地区の再開発が本格的に始まったばかりで、一帯はかなり殺風景だったが、今ではドックランズ・ライト・レイルウェイ(DLR)も開通し、市場周辺は大ビジネスエリアに変貌を遂げた。屋根に風見鶏ならぬ風見魚を掲げた市場の建物の向こう側にはロンドンの新金融街、カナリー・ウォーフに象徴されるワン・カナダ・スクエアをはじめ、HSBCやシティ・バンクといった大手銀行や有名ホテルの高層ビルが競い合うようにそびえ立っている。  (「おいしい魚が待っている!ビリングズゲート魚市場を征く [Billingsgate …」より)]

「2019年初頭、ロンドン市の主要な意思決定機関であるコモン・カウンシル裁判所が提案した計画で、ビリングスゲート・フィッシュ・マーケット、ニュー・スピタルフィールズ・マーケット、スミスフィールド・マーケットがバーキングリーチ(Barking Reach)の新しい統合サイトに移動することが提案されました。]

ロンドンで魚買うならココ!日本との違いは|日テレNEWS24」、「ビリングスゲート・マーケットでシーフードを買ってきました! | ロンドン

ビリングズゲート魚市場 – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向がビリングスゲート・マーケットです。

ビリングスゲート・マーケット内のカメラです。