ピッツハンガー・マナー

マーカーはピッツハンガー・マナーです。

ピッツハンガー・マナー
[ピッツハンガー・マナー(英:Pitzhanger Manor)はイギリスロンドン西部、イーリング地区にあるマナー・ハウス。1800年から1810年にかけて新古典主義の建築家ジョン・ソーンが所有し、大幅な改築を行った。20世紀に入り、公共図書館として利用されたが、後に修復が行われ、ソーンのデザインが回復された。現在、この建物は第一級指定建築物(英語版)であり、ソーンの建築デザインの好例として保存されると同時に、PMギャラリー・アンド・ハウスの名前で現代美術展示場や各種イベント会場として利用されている。マナー・ハウスの西側には、公園であるウォルポールパーク(Walpole Park)が広がる。
ピッツハンガー・マナー・ハウスは1987年1月にイーリング・ロンドン特別区のメイン美術館であるPMギャラリー・アンド・ハウスとして再公開された。元の図書館新館を改装したPMギャラリーは西ロンドン最大の現代美術展示場であり、さらに様々なワークショップなども開催されている。訪問客はオーディオガイドを使用し、このマナー・ハウスの歴史、デザインや建築について学ぶことが出来る。さらに、ジョン・ソーンや、彼の他の建築物、当地区の歴史などについての展示も行われている。
ピッツハンガー・マナーはソーンが改築した当時の外観を保っているため、映画のロケ地として登録され、撮影のために借りることが出来る。イーリング・スタジオからも数ヤードという好立地でもある。
●映画『アーネスト式プロポーズ』(2002) – 出演はジュディ・デンチルパート・エヴェレットコリン・ファース。修復されたジョージ・ダンス・ウイング(ブレックファスト・ルーム)と、同箇所のヴィクトリアン風の増築部分が使用されている。
●テレビ映画『ダイアナ妃の小説家』(原題は”The Biographer”、2002) – ポール・マクガン(Paul McGann)演じる伝記作家アンドリュー・モートンを主人公とした、1990年代が舞台のドラマ。ピッツハンガー・マナーはケンジントン宮殿の設定で撮影に使用された。また、PMギャラリーもテート・ギャラリーという設定で撮影に用いられた。
●テレビドラマ『カヴァナQ.C.(Kavanagh QC)』(1998) – PMギャラリーが国王裁判所の設定で撮影に使用された。撮影効果を得るため、セットは天井のライトから離れて組み立てられた。
●テレビドラマ『ドクター・フー』シリーズのドキュメンタリー「More Than 30 Years in the TARDIS」(BBC、1993年11月7日土曜放送分) – エリザベス・スレイドン(Elisabeth Sladen)演じるサラ・ジェーン・スミス(Sarah Jane Smith)と、彼女の娘サディーは好戦的なエイリアン・ソンターラン(Sontaran)に追われる。このショートフィルムは、単発の記念日用番組として、ドキュメンタリー形式で製作された。
最も近いナショナル・レールの駅はイーリング・ブロードウェイ駅であり、ロンドン地下鉄ディストリクト線セントラル線とも連結している。ピカデリー線ではサウス・イーリング駅(英語版)が最寄となる。
ロンドンバスではイーリング・グリーン行きの65番か、イーリング・ブロードウェイ行きの83番、112番、207番、297番、427番、607番、E1番、E2番、E7番、E8番、E9番、E10番、E11番を利用。各停車場より南西に徒歩3分。
マナー・ハウス、ギャラリーともに入場無料。
「ピッツハンガー・マナー東側正面。南側(画像左手)部分は、ジョージ・ダンスのデザインが残る南ウイング。北側奥(画像右手)にはPMギャラリーがある」・wikipedia-photo、「南西側、ウォルポール・パーク側から見たピッツハンガー・マナー」・wikipedia-photo、「本館の北東側にあるピッツハンガー・ゲート。ウォルポール・パークへの入り口でもある」・wikipedia-photo、「ドローイング・ルーム。ソーンが使用していた当時の内装が復元されている」・wikipedia-photo、「”Reading Room”と彫刻されたまぐさ石を掲げる閲覧室出入り口。南ウイング一階部分。現在は使われていない」・wikipedia-photo、「ソーンが改築時に、東側正面の柱の上に据え付けた、4つのコード人造石(Coade stone)のカリアティードの1つ。アテネのパンドロソス(Pandrosus)の聖域を囲んでいた石像を模したもの」・wikipedia-photo、「現代美術を扱うPMギャラリーのメインホール。かつてソーンが新築した古代ローマ風遺跡の跡地に建った図書館新館を、さらに改築したもの」・wikipedia-photo、「マナー・ハウス西側からの、ウォルポール・パークの眺め」・wikipedia-photo  (wikipedia・ピッツハンガー・マナーより)]

ピッツハンガー・マナー – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向がピッツハンガー・マナーのゲートです。

カメラ北西方向がピッツハンガー・マナーです。

カメラ西北西方向がピッツハンガー・マナー正面玄関です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*