フラム宮殿

マーカーはフラム宮殿です。

フラム宮殿(Fulham Palace)
[ロンドンフラムにあるフラム宮殿は、以前のイギリスミドルセックス郡にあり、中世に起源を持つイギリス指定建造物グレード1の指定建造物であり、以前はロンドンの司教(Bishop of London)の主要な邸宅でした。この場所は、少なくとも11世紀から1973年まで、司教の別邸でした。イングランド国教会が所有しているにもかかわらず、この宮殿はフラム・パレス・トラスト(登録慈善団体1140088)によって管理されており、長い歴史を持つ博物館や修復された歴史的な部屋を備えています。広い植物園もあり、ビショップ・スパーク(Bishops Park)の隣にあります。宮殿の庭園は、歴史的公園と庭園の登録簿(Register of Historic Parks and Gardens of Special Historic Interest in England)にグレードIIとして記載されています。
宮殿は毎日開いており、訪問は無料です。フラム・パレス・トラストの発表によると、2015/2016年には39万人以上がフラムパレスを訪れました。
フラム宮殿のチューダー様式の中庭・wikipedia-photo、フラム宮殿ゲートハウス・wikipedia-photo、フラム宮殿ゲート・wikipedia-photo、フラム宮殿・wikipedia-photo、フラム宮殿城壁に囲まれた庭園・wikipedia-photo、フラム宮殿温室・wikipedia-photo、タイト礼拝堂の壁画・wikipedia-photo]

フラム・パレス – Google Map 画像リンク」「Gothic Lodge – Google Map 画像リンク」「Imagineear Ltd – Google Map 画像リンク」「ウォード・ガーデン – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向がフラム宮殿で、カメラ西方向がビショップ・スパークです。

カメラ南東方向がゲートハウスです。

カメラ初期設定方向がフラム宮殿ゲートになります。

フラム宮殿中庭のカメラです。

フラム宮殿展示ルームのカメラです。

タイト礼拝堂のカメラです。

ウォード・ガーデンのカメラです。