ホワイトホール

マーカーはホース・ガーズ前です。

ホワイトホール
[ホワイトホール (Whitehall) は、ロンドンウェストミンスター地区を南北に走る道路。これが転じて、周辺の地区一体をホワイトホールと称することもある。パーラメント・スクエアからトラファルガー広場にまで至る通りに面して英国政府の各省庁の建物が立ち並んでおり、政府の中枢がこの通りに集中している。名称は1698年の火事により全焼し失われたホワイトホール宮殿からとられている。宮殿に通じていた道路が現在のホワイトホールとなった。その北端には19世紀の前半にトラファルガー広場が建設された。厳密には北側3分の2のみが本来のホワイトホールであり、南の3分の1はパーラメント・ストリートであるが、今日ではそのような区別がなされることはほとんどない。通りの全長は1 km(0.6マイル)ほどである。本来のパーラメント・ストリートはホワイトホール宮殿の脇を通ってウェストミンスター宮殿へと向かう小さな道路であった。宮殿が焼失し、その跡地が片付けられた際に道路は拡張され、最終的には19世紀に現在の光景が完成した。1622年にイニゴー・ジョーンズによって完成したバンケティング・ハウスはホワイトホール宮殿で唯一残された部分である。チャールズ1世_(イングランド王)は1649年1月30日にこの建物の正面に据えられた断頭台において処刑されている。王党派に属する人々は現在でも処刑の日に式典を行なっている。現在のホワイトホールは英国における政治の中心として機能している。多くの政府官庁がこの周辺に設けられているため、「ホワイトホール」という言葉は日本における「霞ヶ関」と同様に、政府を指す際に用いられる。
「ホワイトホールの南方向英国議事堂方向を見る。塔はヴィクトリア・タワー」・wikipedia-photo、「1799年のホワイトホール
現在政府の建物が立ち並ぶ地区にはテラス付きの家屋が見える。道幅はその後拡張された。」・wikipedia-photo  (wikipedia・ホワイトホール_(ロンドン)より)]

Whitehall – Google Map 画像リンク

ホワイトホール南端・パーラメント・スクエア付近

ホース・ガーズ前のカメラで、カメラ北北西方向左にホース・ガーズ、カメラ東方向がホワイトホール宮殿跡(バンケティング・ハウス)になります。

ホワイトホール北端(トラファルガー広場)・カメラ南南東方向がホワイトホールで、カメラ北北西方向がトラファルガー広場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*