ミルバンク・ミレニアム埠頭

マーカーはミルバンク・ミレニアム埠頭です。

ミルバンク・ミレニアム埠頭
[ミルバンク・ミレニアム埠頭の開発は、テムズ2000プロジェクトの一環としてミレニアム委員会(Millennium Commission)が資金を調達したものであり、2000年にはテムズ川委員会によって開設された5つの新しい埠頭の1つであった(他はブラックフライアーズミレニアム埠頭、ロンドンアイ埠頭、タワーミレニアム埠頭とウエストミンスター・ミレニアム埠頭)。その創設は、ロンドンのクロスリバーパートナーシップが率いるテムズ川の統合された輸送と再生戦略の一環として、プロジェクトによって資金提供されました。]

[ロンドンは、現在、テムズ川を利用したリバーバスと遊覧船サービスのネットワークを促進する事で、シドニーバンコクのような例えに続こうとしている。ロンドンリバーサービス (London River Services、ロンドン交通局運営) は、通常の通勤船や川沿いのすべての桟橋ネットワークを管理し、時刻表と有名な地下鉄マップ (tube map) に似たリバーマップの発行を行っている。船旅は、地下鉄を使うよりも時間がかかり、少し高めである反面、ビッグ・ベンセント・ポール大聖堂ロンドン塔など、ロンドンの景色を見ながら都市を横断するのに、非常に快適な方法を提供している。タワーブリッジの下での船旅は、忘れられない経験となる。船 (Boat) は、民間企業によって運用されており、ロンドンの交通機関と異なり、別のチケットシステムを使用している。しかしながら、トラベルカード (Travelcard) を持っている場合、多くの船のチケットが33%割引になる。大半の船事業者は、その会社だけしか利用できない1日乗船券を提供しており、桟橋の売店で聞いてみると良い。一般的に、ひとつの船会社の乗船券は、他の事業者のサービスに利用できない。オイスターカード (Oyster cards) は、船舶ツアーには利用できないが、船舶通勤サービスの支払いに利用することができる。  (「ロンドン – Wikitravel」より)]

[テート・ブリテンテート・モダンの両館の間は、「Tate to Tate service」と呼ばれる船便が、テムズ川を用いて頻繁にシャトル運行している。また定期船も両美術館前の船着場を通っている。  (wikipdia・テート・ギャラリーより)]

Millbank Millennium Pier – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がミルバンク・ミレニアム埠頭です。

カメラ西方向がミルバンク・ミレニアム埠頭です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*