ラッセル・スクウェア

マーカーはラッセル・スクウェアです。

ラッセル・スクウェア
[ラッセル・スクウェア (Russell Square)はイギリスロンドン市中心部、カムデン区ブルームズベリーにあるロンドンで二番目に大きなスクウェア(正方形の広場)。広場周辺の地区もラッセル・スクウェアと呼ばれることもある。周囲にはロンドン大学関連の施設が多く、夏には学生で賑わう。ロンドン地下鉄の最寄り駅はラッセル・スクウェア駅
1800年に法律によって建設が決まり、1801年から1805年までの建設期間を経て、ラッセル・スクウェアは完成した。「ラッセル・スクウェア」という名称は土地を提供したベッドフォード公爵家の姓に由来する。ラッセル・スクウェアは1800年以前は、近隣のサウサンプトン・ローにちなんで「サウサンプトン・フィールド」や「ロング・フィールズ」と呼ばれていた。ラッセル・スクウェアは第二次世界大戦時に大きく破壊されたが、戦後再開発された。2005年7月7日に発生したロンドン同時爆破事件は広場近くで起こったため、慰霊碑が広場内に設置された。
「ラッセル・スクウェア」・wikipdia-photo  (wikipedia・ラッセル・スクウェアより)]

ラッセル・スクエア・ガーデンズ – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がラッセル・スクウェアです。

ラッセル・スクウェア中央噴水のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*