リバティ百貨店

マーカーはリバティ百貨店です。

リバティ百貨店
[リバティ (Liberty) は、イギリスロンドン中心部、グレート・マルボロ・ストリートにある1875年開業の老舗百貨店である。商店街として知られる「ウエスト・エンド (ロンドン)」の一角に位置する。1875年、アーサー・ラセンビィ・リバティ (Arthur Lasenby Liberty) によって、日本や東洋の装飾品、織物、その他様々な芸術工芸品を販売する店として開業した。(後にリバティ社はその織物によって特に知られるようになる) 初めの頃のリバティ社は様々なスタイルの商品から人気のあるものを折衷的に扱っていたが、根本的に方向を転換し、アール・ヌーヴォーや1890年代の耽美主義に密接な様式の商品を追求し続けることになる。イタリアではアール・ヌーヴォーが「スタイル・リバティ」として知られるようになるなど、リバティ社の名前はその美術様式と同じ意味を持つまでになった。現在の建物はグレート・マルボロ・ストリートに面しており、テューダー・リバイバル様式のアーツ・アンド・クラフツの建築物としては、ロンドンで最も代表的なものの一つである。イギリスの第2種指定建造物 (Grade II listed building) に指定されている。エドウィン・T・ホールとその息子エドウィン・S・ホールの設計で1924年に建てられたもので、その材木はイギリス海軍の2隻の軍艦「インプレグナブル」「ヒンダスタン」に使われていたものを流用している。
「リバティ百貨店。この写真に写っているのは建物の半分ほど」・wikipedia-photo、正面入口の上部・wikipedia-photo、リバティ社の広告(1888年5月)・wikipedia-photo  (wikipedia・リバティ百貨店より)]

リバティ ロンドン – Google Map 画像リンク

カメラ南方向がリバディです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*